10年式12センチ高角砲


 平成21年3月3日

パプアニューギニア独立国・ニューブリテン島ラバウル・ココポ博物館




TYPE 10 (1921)
DUAL PURPOSE 120MM
ANTI-ARCRAFT GUN MAXIMUM
VERTICAL RANGE : 33000 FT
RECOVERED FROM VIMY PLANTATION

旅日記参照

(平成21年3月3日)

一〇年式十二センチ高角砲

当初は艦艇用として大正10年に制定された高角砲。
比較的大きな初速を利用して遠距離まで1分間に10〜12発の砲弾(20kg)を射出できたので、太平洋戦争中は陸揚げされて海岸砲として米機や対艦艇用としても大いに使用された。
2本の駐退機を砲身上にもち、その中間に複座機が置かれている。
砲床は回転盤型に地上にコンクリートで固定されていた。

(参考:月刊雑誌『丸』別冊 『日本兵器総集(昭和16年〜20年版)』 昭和52年発行)




 トップページに戻る   兵器のページに戻る

SEO [PR] カード比較  冷え対策 温泉宿 動画無料レンタルサーバー SEO