一式機動47ミリ砲


 平成21年3月19日

グアム島・太平洋戦争博物館

 平成21年3月19日

グアム島・太平洋戦争博物館


日本陸軍で最初につくられた本格的な対戦車砲(通称、速射砲)である九四式37ミリ砲が制定されたのは昭和9年。
昭和14年のノモンハン事件に実戦初参加したが、威力不足だったため、昭和15年に急遽開発したのが一式47ミリ砲である。
設計主任は陸軍技術本部火砲班の則松中佐である。
口径の増大に伴い重量も増加したので、ゴムタイヤ式として自動車けん引となり、機動力を併せ持つ対戦車砲となった。
ゴムタイヤ装置の緩衝装置は、ドイツ・ラインメタルボルジヒ社から購入した37mm対戦車砲(Pak.37)の構造をそっくり真似たものだった。
特色は比較的軽量、操作が容易で、半自動式の水平閉鎖機により弾薬の装填が自動的に行なわれ、発射速度を高めている。
砲身は結合式で、砲口部に補強環が付けられ、駐退複座機は水圧バネ式管壁漏孔型を採用していた。
使用砲弾は、弾底信管をもつ一式47mm徹甲弾を使用した。
通常は自動車(トラック)けん引であるが、時によっては人力搬送も可能だった。
昭和16年に一式機動47ミリ砲として制式となり、同年から大阪陸軍造兵廠で大量生産された。
大戦中期からは独立速射砲大隊が編成され、南太平洋の各戦線に配備されたが、重装甲の米軍M4戦車に対しては効果が少なかった。
なお、陸軍では対戦車砲という目的であったが、秘匿上、速射砲という名称で呼んでいた。

【一式機動47ミリ砲】

口径:47mm
砲身長:252.6cm
重量:800kg
初速:830m/sec
発射速度:20発/分
最大射程:6900m

(参考:月刊雑誌『丸』別冊 『日本兵器総集(昭和16年〜20年版)』 昭和52年発行)
(参考:『日本陸軍兵器集』 KKワールドフォトプレス 昭和57年発行)


一式機動47mm砲 平成21年12月6日

アメリカ合衆国・ハワイ・陸軍博物館

JAPANESE TYPE 1 (1941)

A LIGHT-WEIGHT MOBILE PIECE USED BY INDEPENDENT
ANTITANK AND ARMORED UNITS.
ITS 3 LB.SHELL COULD PENETRATE 3 INCHES OF
ARMOR AT 500 YARDS.





一式機動47mm砲

(ハワイ・太平洋航空博物館)



(平成21年12月8日)

【一式機動47ミリ砲】

昭和14年9月、設計に着手。
昭和15年6月、竣工試験が行われ、車輪を抗弾ゴム製に改めた。
昭和16年9月、歩兵学校に実用試験を委託。
昭和17年1月、北満試験に供試。
昭和17年9月、制定。

生産は大阪陸軍造兵廠。
昭和18年度からは名古屋陸軍造兵廠でも生産された。
生産数は昭和17年度から終戦までで推定2300門。

発射速度は固定目標に対しては1分間に最大20発、実用で10発〜15発。
酷寒期においては実用3発〜7発となる。
動目標に対しては1分間に最大20発、実用10発前後。

運搬は装甲牽引車または自動貨車などにより牽引する。
陣地進入から初弾発射までの所用時間は40秒〜1分20秒。

最大侵徹量は、一式徹甲弾で第一種鋼板に対して、弾着角90度で至近距離射撃をした場合、装甲厚70mm弱、射距離1000mの場合は装甲厚50mm強だった。

(佐山二郎著 『大砲入門』 光人NF文庫 1999年発行)

(平成24年3月31日追記)


【一式機動47ミリ対戦車砲】

一式対戦車砲には37ミリ、47ミリの二種がある。
ノモンハン事件でわが第23師団の九四式対戦車砲(速射砲)はソ連のT26や軽戦車や、BT7型中戦車の1.5センチの装甲を撃ち破ったけれど、至近距離まで接近しなければ効果が少なかった。
このため九四式37ミ対戦車砲の砲身を15センチ長くし1.85メートルとしたのが一式37ミリ対戦車砲であったが、その割には破壊力は伸びなかった。
ところが、この2〜3年の間に世界の戦車は急速な伸びを示し、最厚部の装甲が3センチ余に達するものさえ現れた。
わが九七式中戦車でも2.5センチである。
フランス人ヤコブ・ド・マレーの公式を用いれば、弾丸の初速や重量から、それが撃ち抜くことのできる装甲の厚さを計算できるので、各国は慌てて対戦車砲の改善に一斉に乗り出した。

日本陸軍が自信をもって設計したのは、スマートな一式47ミリ対戦車砲で、日本陸軍が使用した最後の対戦車砲となった。
米国やドイツでは昭和19年ごろからバズーカ砲を使用し始めているが、我が国ではとうとう対戦車用のロケット発射筒は試作の段階で終わってしまった。
一式47ミリ対戦車砲は、37ミリ砲の2倍余である800キロもの重量があり、弾丸も2倍の1.5キロで、1300メートル離れた3.7センチの装甲板を楽に撃ち抜くことができた。

一式機動47ミリ対戦車砲は、4門で1個中隊をなし、3個中隊で1個大隊(480名)をなした。
そして、独立速射砲大隊として、軍直轄部隊となるケースが多かった。

(参考:木俣滋郎 著 『陸軍兵器発達史』 光人社NF文庫 1999年発行)

(平成29年2月18日 追記)



 トップページに戻る   兵器のページに戻る

SEO [PR] カード比較  冷え対策 温泉宿 動画無料レンタルサーバー SEO