第65旅団

(通称号:夏兵団)


第65旅団戦没者慰霊碑


第65旅団戦没者 慰霊碑
(広島県福山市・備後護国神社

元歩兵第141連隊長 片山憲四朗 謹書


(平成22年5月2日)

第65旅団(通称夏兵団)戦歴

第65旅団は昭和16年8月司令部松山122福山141松江142の歩兵3個連隊旅団工兵通信隊野戦病院の将兵7千3百名福山及広島に於て編成
同年11月13日第14軍隷下に入り宇品出港台湾経由
同17年元旦比島リンガエン湾に上陸米比軍15万の防衛するバタアン半島の敵を攻撃したるもサマット山敵本陣地を前に戦死者多数を出した
軍は兵力を補強再度バタアン半島攻撃4月10日敵は遂に降伏した
同年11月20日第8方面軍の隷下に入りマニラ出港(歩122 歩142は比島に残置)12月3日ラバウルに上陸
18年5月軍は西部ニューブリテン島確保の為旅団をツルブに派遣同年12月米海兵師団はマーカス岬及ツルブ地区に猛烈な爆撃と艦砲射撃で上陸を開始した
旅団は旅団は指揮下に入った歩53及小森支隊と共に善戦したが優勢な敵砲火の前に戦友相次いで斃れ敵を撃滅する事が出来ず軍命令で余儀なくラバウル急援の為人跡未踏のジャングル地帯を雨期の中3ヶ月間5百粁の行軍でマラリア罹病と食糧欠乏の為多数の将兵を失い19年4月ラバウルに集結し終戦の日迄敵上陸に備え陣地構築戦斗訓練中終戦
昭和21年5月16日将兵2千7百8名名古屋に上陸復員
同49年6月遺骨収集を機に帰らざる将兵約5千柱の武勲を称え永遠の供養にと生還者相図りこの地に慰霊碑を建立せり

昭和49年11月3日
第65旅団夏友会

(碑文より)

第65旅団 夏兵団 戦誌

第65旅団7千3百名は昭和16年8月編制
司令部福山 歩122松山 歩141福山 歩142松江 工兵隊 通信隊 野戦病院広島 は11月14日宇品発
台湾で戦闘訓練
17年元旦 比島リンガエン湾上陸
バターン半島でマッカーサー指揮の米比軍十余万と激戦
多数の犠牲者を出しナチブ サマットを攻略
4月10日米比軍遂に降伏
右戦功で賞詞を受ける
ルソン島平定作戦後第8方面軍指揮下に入り 司令部 歩141は12月3日ラバウルに進出
歩122は南洋群島へ 歩142は比島防衛 工兵隊 通信隊 野戦病院は分属
18年5月旅団はツルブに進出
12月米海兵第1師団は猛烈な空爆艦砲射撃のもとに上陸
我軍はマーカス ツルブ 三角山 青桐台 万寿山で玉砕を期し応戦中 1月末ラバウル集結の軍命令に依り約7百キロ 人跡未踏のジャングル 湿地帯を行軍
飢えとマラリアで半数の将兵を失い4月末ラバウル着
敵上陸に備え訓練 陣地構築 現地自活中終戦
21年5月16日 2千7百8名 名古屋上陸復員
比島及ラバウル方面戦没者の武勲を称えここに慰霊碑を建立する

昭和49年11月3日
第65旅団夏友会

(副碑・碑文より)


フィリピン・ルソン島
サマット山

サマット山(Mt.Samat)

山頂には大きな十字架の形の展望台が建っている。
第1次攻略戦の時の第65旅団が進撃した方向から山を見る。



(平成16年5月7日)
マリベレス山

向こうに見えるギザギザの山がマリベレス山(Nt.MARIVERES)。
サマット山山頂から見る。
写真では随分遠くにあるように見えますが、実際にはもっと近くにあるように見える。

昭和17年4月10日に第2次攻略戦で第65旅団がこの山の山頂を占領した。


(平成16年5月7日)

ニューブリテン島・ラバウル

ラバウル (平成21年3月4日)




 トップページに戻る   陸海軍部隊のリストに戻る

SEO [PR] カード比較  冷え対策 温泉宿 動画無料レンタルサーバー SEO