阿部正弘像 平成22年5月2日

阿部正弘 あべ・まさひろ

文政2年10月16日(1819年12月3日)〜安政4年6月17日(1857年8月6日)

広島県福山市・福山城でお会いしました。


幕末期の老中。
備後福山城主。
天保7年(1836年)、兄の正寧まさやすの隠居にともない相続。
22歳で寺社奉行。
天保14年(1843年)、25歳で老中に抜擢された。
弘化2年(1845年)、老中首座に就任。
弘化・嘉永期には、徳川斉昭島津斉彬らと連携、朝廷に異国船情報を奉上するなど海防策に追われた。
嘉永6年(1853年)、ペリー来航時には米国大統領の親書を受け取り、大名・諸士に諮問。
翌年に日米和親条約を締結して日本を開国に導いた。
また、品川台場の築造や軍艦の注文、長崎海軍伝習所、講武所、蕃書調所の設立などの新政策を実現した。
岩瀬忠震ただなり、大久保忠寛、永井尚志なおむねら多くの優秀な人材を登用した。
安政4年、老中在任のまま急死。
享年39歳。


阿部正弘像


阿部正弘の像
(広島県福山市・福山城

製作者 陶山定人
鋳造者 加藤國夫


(平成22年5月2日)

阿部正弘之像

太平洋の波高く 幕末内外多難の時に際し 老中筆頭として国政を総覧し 近世幕藩体制における鎖国の旧弊を断って日米和親の条約を結び 開国への道を求め 近代国家への扉を叩く
阿部正弘は 福山藩阿部家7代の藩主にして 弱冠25歳で閣老に任じ 爾来十有四年 その開明的な政策を推進し 国政を整え もって国外に対応せり
福山藩主としては 庶民の中に人材を登用し 藩政を改革し 教育に明日の世代の形成を托して藩校誠之館を開き 進んで西欧の学術をも取り入れ その後の福山文化の発展に貢献す
市制60周年の記念すべき年にあたり 銅像建立を発起し 先人の遺徳を偲び 明日への躍進を誓う

昭和53年4月建之
阿部正弘公銅像建立期成同盟会

(碑文より)


【福山城 第7代城主・阿部正弘】
天保7年(1836年)〜安政4年(1857年):20年6ヶ月

阿部正精まさきよの六男。
幼きより俊才のほまれが高く、兄の正寧まさやすの養子となり、封を継いで藩主となる。
天保11年(1840年)には寺社奉行となり、天保の改革の時に幕閣に列する。
天保14年に水野忠邦の後を受けて25歳で老中となり、その後、老中筆頭として国政を総攬している。
嘉永5年(1852年)12月、幕府に功を認められ、1万石の加増を受け、福山藩は11万石になった。
ペリーが浦賀に来て開港を迫り、国内では開国、攘夷が盛んに論じられる中、よく世界の大勢を察し、安政元年(1854年)、ついに開港、日米和親の条約を結ぶ。
しかし、国防が重要であることも考えており、全国の鐘を鋳潰して大砲を造らせ、大船の建造の禁を解き、海防を厳にしている。
藩治では、世界の大勢に通じ、文武の道をきわめ、人材養成の必要を考えて、藩校・誠之館をつくるなど藩治に尽くしている。
国政難局の最高責任者としての心労もあって病を発し、安政4年(1857年)6月、老中を辞してまもなく、39歳の若さで死去した。

(参考:『新版 福山城』 福山市文化財協会発行 2008年第3版)


阿部正弘公像 平成22年5月2日

広島県福山市・備後護国神社でお会いしました。

阿部正弘公像


阿部正弘公像
(備後護国神社)




(平成22年5月2日)

阿部正弘公石像潜り

正弘公は天保14年(1843年)25歳にして江戸幕府老中、今の大臣になり教育に力を注ぎ、嘉永5年(1852年)老中筆頭、今の総理大臣に就き江戸と福山に誠之館を建てる。
安政元年(1854年)日米、日英、日露の和親条約を結び開国し、近代文明国、日本の基礎を作る。
また、学問のできる人材を広く重用して教育の重要性を昂揚し、日の丸を日本の国旗と制定した人でもあります。
阿部家11代、福山藩主7代目の正弘公は、当神社の御祭神であり、希望学校の合格、就職の御祈祷を受けられ、石像を潜り希望をかなえて下さい。

(説明板より)




 トップページに戻る   銅像のリストに戻る

SEO [PR] カード比較  冷え対策 温泉宿 動画無料レンタルサーバー SEO