赤館 あかだて

(福島県東白河郡棚倉町)


赤館

赤館の南面に降る雨は久慈川となって関東を潤し、北面は阿武隈川となって奥州を潤す。
標高わずか345mのこの丘陵は関東東北の分水嶺であり、文化の交差点であり、軍事的要衝だった。

鎌倉初期この赤楯(館)は伊達氏が得た飛び地であったが、南北朝以降白川結城氏の一円(直轄領地)となった。
応仁の乱の時、白川結城氏は京以上の文化を花咲かせた。

1510永正10年戦国大名の佐竹氏は白川結城氏の依上保(大子を含む北茨城県)を支配した。
やがて佐竹氏は東館・羽黒館(塙)・流館(近津)等と赤館以南の九南郷館を支配した。

1571元亀2年白川義親は南郷の領土奪回にでて南郷一帯で激戦となった。
これを好機と小田原の北条氏が佐竹家臣の下妻城を攻めたので、佐竹は赤館を放棄する和睦を結び、南転していった。
この年は信長が延暦寺を焼内した年であったが、棚倉が戦火に蹂躙された年でもあり、以後毎年のごとく棚倉は戦禍を被った。

1575天正3年佐竹は前年に続いて赤館を攻めたが、蘆品・結城連合軍が撃退する。
この時蘆品軍は付近の稲を青刈りした。
青刈りはやがて情ある結城の武将斑兄弟の悲劇となる。
戦国無情の感がある。

1590天正18年正月伊達政宗は「七草を一葉によせて摘む根芹」と謳歌した。
七草とは白河が入る七郡で、伊達氏は分国を挟むことなくこの赤館で佐竹氏と対峙した。
今も南麓の川はこの時城攻めに掘ったものと伝えられている。
しかし、同年の秀吉の「奥州仕置」で白川結城氏は消滅し、棚倉は佐竹領地と公認された。

徳川の天下になると、佐竹は秋田に追われ棚倉は天領となった。

1609慶長14年立花宗茂が5万石赤館城主となった。
翌年城の東に遷宮した宇賀神社は、今も棚倉町の氏神と栄えている。

1622元和8年丹波長重が5万石赤館城主となった。
赤館は戦国の館に過ぎないので、5万石に相応しい家臣団を擁する城郭でなかった。
かつて越前等123万石をを支配した長重は、2年後から現在の城跡の地に平地城を築城しはじめた。
以降の赤館は廃棄された。
長重は粗壁の乾かぬうちに白河10万石に転封され去った。

1627寛永4年内藤信照が5万石棚倉城主となると築城と同時に、城下町特有の町形につくり、検断や名主を置き経済の中心地とした。

1629寛永6年京都大徳寺の玉室和尚が棚倉に流され、沢庵は上山に流された。
中世的権利を主張する後水尾天皇の怒りを静めるため家光の乳母斎藤氏(春日局)が参内したが、天皇は皇女興子内親王に譲位するほどの紫衣事件であった。
信照は根小屋観音堂の側に小庵を建て玉室を加護した。
この草庵跡に「玉室宗珀謹居之跡」の大石碑あり、付近で「南無阿弥陀仏」と書かれた小石が見つかると古老は語る。

1783天明の飢饉で根小屋村が滅んだ。
山上に城のある麓の城下町を根小屋というが赤館の麓にも根小屋村があった。
眼下の川は根小屋川と言い、根小屋堰は御城水と呼ばれ城堀に清水を注いだ。

誰が名付けたか赤館と呼ばれ、古代人の足跡の上に、堀跡があり、その上に館跡があり、その上に公園がある。
人間の汗と涙と喜びで綴る祖先の生活を私たちに物語ってくれる。
現在の平和で活力のある棚倉の幸せを語ってくれる。
未来の子孫もここから紺碧の空と四方の緑と眼下の街と川に愛着を感じ、家族を慈しみ町を愛し続けてくれるであろう。
赤館は単なる遺跡や公園ではない。
棚倉人の心の盾として生き続ける聖地だ。

郷土史家 澤田周作

棚倉町
棚倉町観光協会

(説明板より)

主郭跡


一番平(主郭)跡


現在は公園です。



(平成15年7月5日)
腰曲輪跡 腰曲輪跡
赤館の碑 「赤館」の碑

城跡を示すものはこれしかありませんでした。

「赤館」の碑文

棚倉郷の北辺を扼する赤館は 東北屈指の巨大な山城である
応永年間伊達政宗この地に拠って兵を挙げ 赤館源七郎を城代として置く
時の将軍足利氏の一族である足利満兼に追われ 会津芦名氏の支配下となり 上台中丸城主上遠野美濃守盛秀を城代として赤館を所管させたが 後 水戸の佐竹氏之を奪う
天正4年白河の結城義親 佐竹を追う いくばくもなく佐竹氏再び此の地を奪い そのまま徳川期に入り佐竹氏秋田に移封されるに及び立花宗茂此の地を賜って治領したが寛永元年丹波長重棚倉城を築くに至り住居の中心は次第に現在の町に移った

全面積二万一千九百坪 標高三百七十五米の此の赤館を 明治初期 佐川勝成 石沢寛助等が主唱して生益組を組織し 殖産 観光 青年の教養及び祭典執行費の提供等を目標として 赤館全域の拂下げを受け之に植林してその執行を新町組に委託した
昭和33年 赤館観光協会が結成され 巾員四米 総延長一千百三十四米に及ぶ観光道路の設定を見るに至り 財団法人生益組に 全体の経営に便ならんことを念願して小富士山を併せて一切の権限と目標とを新町祭事組に譲渡することとなった
六百年に亘る つわものどもの夢のあとを今は平和の象徴たる観光の場として再生したのである

昭和三十五年九月十五日

碑文起草委員 関川 保
同        角田 千里
同        石沢 寛

※碑文の文字が薄れて読みづらくなっていましたので、誤記している可能性もあります。


訪問記

登口のわかりづらい狭い急坂を登って行きます。
登口の反対側に建っている看板は「赤館公園」となっています。
「赤館城跡」を探してる人は見落としてしまうかも・・・・
頂上には整備された駐車場があります。
ここはただの公園。何にもありません。
無料休憩所の建物があるのですが、シャッターが降りていて中には入れませんでした。
窓から中を覗くと・・・・そこには「棚倉城」と書かれたパンフレットが見えます。
しかし、中に入れないから手に入らない・・・・・欲しいのになぁ〜
外に出しておいてもらえないものかなぁ。

(平成15年7月5日訪問)



 トップページに戻る   お城のリストに戻る

SEO [PR] カード比較  冷え対策 温泉宿 動画無料レンタルサーバー SEO