駆逐艦 秋月 あきづき


第61駆逐艦隊・駆逐艦秋月慰霊の碑



第61駆逐隊 駆逐艦秋月慰霊之碑

(長崎県佐世保市・佐世保東山海軍墓地





(平成20年11月23日)

碑文

駆逐艦秋月は昭和17年6月11日秋月型防空駆逐艦第1号艦として舞鶴海軍工廠で竣工
総排水量3800トン特殊性能10糎高角砲8門3連装25粍機銃5基4連魚雷発射管1基更に全甲板に単装機銃を配し最新鋭の防空駆逐艦として誕生す
秋月は竣工間もなくアリューシャンに向け出撃
北方作戦に参加後マカッサル、カビエン、ラバウル、トラック島等南太平洋方面作戦に従事
ガ島攻防戦から「あ号」「捷1号」作戦まで機動部隊附属の防空駆逐艦として活躍転戦亦連戦
敵味方が共に瞠目する輝しい戦果と武勲を挙げ駆逐艦秋月の名声轟かせり
然し度び重なる戦斗で損傷も著しく昭和17年10月25日ガ島沖の戦で11名昭和18年1月19日ソロモン方面にて14名の尊い命を失う
併して昭和19年10月25日「捷1号」作戦中比島沖の航空戦で秋月は身を捨て旗艦瑞鶴始め空母の援護射撃中被爆遂に命運盡きて沈没せり
秋月の命は短くもその功績は偉大なり
ガ島から比島沖までの長い戦斗で最後の勝利と栄光とを信じて散華して逝った乗員数208名の多数に上る
茲に生き残りし我等一同尊き御霊に対して祖国日本の復興は成り平和と繁栄が続いている旨を告げ願くは心安らかに御冥福あらんことを心から祈ってこの碑を建てゝ祭る

秋月会

第61駆逐隊駆逐艦秋月戦没者慰霊碑

一等駆逐艦
新型防空駆逐艦「秋月型」12隻の1番艦として昭和17年6月11日舞鶴工廠で竣工
進水時の昭和16年7月2日付で本籍を佐世保に指定

本艦型の公称は「乙型駆逐艦」である。
初月、照月、凉月とともに第61駆逐隊を編成。
秋月型は艦型がスマートで、米側は軽巡「夕張」とよく誤認した。
その長砲身10センチ高角砲の威力は抜群で、就役早々、ソロモン海域でB−17爆撃機を一度に2機撃墜しており、アメリカ航空部隊は容易に秋月型には近づかないよう警報を発したという。
秋月は昭和18年1月19日、ショートランド付近において米潜の雷撃を右舷缶室下に受け、キールが折れる。
そのため応急的に艦首部を切断し、曳航されて6月24日サイパンを出港、7月2日に長崎に入港した。
三菱長崎造船所では、ちょうど姉妹艦「霜月」が建造中で、すでに進水も終わっていたが、秋月の修理が急がれたため、急遽「霜月」の艦首部を切断して秋月に接合するという非常手段がとられた。
10月末に修理工事を完工。
再び南方の第一線に進出し、昭和19年のマリアナ沖海戦などに活躍。
昭和19年10月25日の比島沖海戦においては小沢艦隊の一艦として参加。
エンガノ岬沖海戦におけるわが対空陣形中の秋月の占位位置は、空母「瑞鳳」の左前方1.5キロのところにあり、「瑞鳳」の右正横2.5キロには空母「瑞鶴」(旗艦)が占位していた。
第一次空襲が開始されてしばらく後の午前8時50分頃、被弾して缶室に損傷を受け航行不能となる。
濛々たる黒煙と火焔が立ち上った瞬間、2つに折れて沈没した。
秋月はエンガノ岬海戦において最初に沈没した艦であるが、その原因については諸説ある。
米潜「ハリバット」からの魚雷から「瑞鶴」を護るため、自らがその矢面に立って犠牲になったとか、味方の高射砲弾の破片が秋月の予備魚雷に命中して誘爆した、などである。
この戦闘で機関長以下150名が戦死。
碑は昭和56年10月24日建立。
歴戦の戦没者208名を祀っている。

(参考:社団法人 佐世保東山海軍墓地保存会発行 『佐世保東山海軍墓地 墓碑誌』 平成20年第3刷)


【秋月型】

脆弱な空母を敵の空襲から護る為には、対空用の防空艦が必要という考えから生まれたのが本型である。
最初は駆逐艦にせず、「直衛艦」という新艦種にすることも考えられたが、魚雷戦に偏重していた海軍はこの艦にも魚雷を搭載し、結局、駆逐艦として完成させた。
魚雷戦用の駆逐艦を駆逐艦甲と呼び、本艦は駆逐艦乙とされた。
ちなみに、丙が「島風」型であり、丁が「松」型である。
船体は3000トンを超え、軽巡洋艦の「夕張」に匹敵する大きさとなったのは、空母に随伴して遠距離作戦をこなすためである。
新開発の長10センチ連装高角砲は、従来の12センチや12.7センチ高角砲よりも砲弾の初速が速く、半自動式装填で、砲身の旋回俯仰速度も速いという高性能砲であった。
連装2基づつを前後に分け、2基の高角測距儀により、それぞれ別の目標を狙うことが可能だった。
「冬月」以降は高角測距儀を1基にするなどの装備や船体の簡素化が行われたため、「冬月」型として別型扱いすることもある。
空母増勢計画と共に大量生産が計画されたが、12隻の完成で終わった。

【要目】
公試排水量:3470トン
機関出力:5万2000馬力
速力:33ノット
航続力:18ノットで8000海里
乗員数:263名
兵装:10cm連装高角砲×4
    25mm連装機銃×2
    61cm4連装魚雷発射管×1

【同型艦】
秋月(昭和17年6月13日竣工〜昭和19年10月25日戦没)
照月(昭和17年8月31日竣工〜昭和17年12月11日戦没)
涼月(昭和17年12月29日竣工〜終戦時残存・解体)
初月(昭和17年12月29日竣工〜昭和19年10月25日戦没)
新月(昭和18年3月31日竣工〜昭和18年7月5日戦没)
若月(昭和18年5月31日竣工〜昭和19年11月11日戦没)
霜月(昭和19年3月31日竣工〜昭和19年11月25日戦没)
冬月(昭和19年5月25日竣工〜終戦時残存・解体)
春月(昭和19年12月28日竣工〜終戦時残存・ソ連へ引渡し)
宵月(昭和20年1月31日竣工〜終戦時残存・中華民国へ引渡し)
夏月(昭和20年4月8日竣工〜終戦時残存・英国へ引渡し)
花月(昭和19年12月26日竣工〜終戦時残存・米国へ引渡し)

(参考:『歴史群像2006年2月号別冊付録 帝国海軍艦艇ガイド』)


【秋月型搭載高角砲】

他のクラスの駆逐艦に搭載されている12.7センチ砲は、対空射撃の場合、仰角60度で射高は8000メートル、発射速度は毎分10発程度。
「秋月型」の10センチ連装高角砲は仰角90度、射高1万2000メートル以上、水平射程約2万メートル、発射速度は毎分19発。

(参考:遠藤昭・原進 著 朝日ソノラマ発行 『駆逐艦戦隊』)

(平成22年8月25日追記)




 トップページに戻る   陸海軍部隊リストに戻る

SEO [PR] カード比較  冷え対策 温泉宿 動画無料レンタルサーバー SEO