10.ドリアンを食べる

(旧ダバオ空港)


平成21年(2009年)4月25日(第3日目)

ダバオ市中心街に戻る途中、南国のフルーツ「ドリアン」の話題となった。
私は話では聞いたことがあるが食べたことはない。
嫁さんを質に入れても食べたくなるほどおいしいのだそうだが・・・・(笑)
じゃぁ、食べてみますか・・・・ということで、探してみたが、季節がちょっと外れていて、熟している物が入手できない。
道路沿いの屋台の果物屋で、冷凍ドリアンならあるという店を見つけたので、これを買ってみる。
さて・・・問題はどこで食べるかだ・・・・・
匂いがきついので、ホテルなどへの持ち込みは厳禁という果物である。
できるだけ周囲に迷惑をかけない場所・・・・・どこか広い場所で食べねば・・・・
ということで選んだのが旧ダバオ空港ターミナル・・・・(笑)

廃墟となっている旧ターミナルビル

ここの駐車場なら広いので、匂いがきつくても大丈夫だろう。
このターミナル・・・・以前、爆弾テロで爆破され、そのまま放置されたのだという。
殆ど廃墟状態。
で・・・滑走路を挟んだ反対側に現在のダバオ空港ターミナルを新設したらしい。
たった1回の爆弾テロで建物を放棄したというのだから信じられない。
外観では窺い知れないが、修復不能なほど内部が破壊されたのだろうか?
まだ使えそうに見えるんだけどなぁ〜

で・・・ここの誰もいない駐車場で「ドリアン」を食べてみるが・・・・
う〜ん・・・・どこがおいしいんだろう?(笑)
嫁さんを質に入れてまで食べたいというほどじゃないんだけど・・・・・(笑)
決してマズイわけじゃないが、かといって、頬っぺたが落ちるほどおいしいというわけでもなかった。
(慌てて食べてしまったので・・・・写真を撮るのを忘れた!)

時間に余裕があるので、この空港跡周辺をブラブラしてみる。

フェンスの隙間から駐機場を撮影

このダバオ空港は、戦時中は日本軍の滑走路があった場所ではないかと思う。
「ササ」という場所に日本海軍の航空基地があったが、位置的に、この場所がその「ササ基地」のように思われる。
藤井さんは海軍の少年兵だったが、所属は海軍航空隊の飛行場整備部隊だったという。
尋ねてみたが・・・・当然のことながら思い出せないという。
当時はわけもわからず、とにかく爆撃された滑走路の穴を埋めたり、上官の命令であっちこっちに飛び回っていたので、自分がどこにいたのかよく覚えていないという。
そういうものかもしれない。
とにかくダバオ周辺のいくつかの飛行場の何ヶ所かを転々としていたというから、多分、ここにも来ていたのではなかろうか。
が・・・・今では・・・当時を物語るものは何も残っていない。

時刻は6時・・・・・
そろそろ夕食にしよう・・・・ということで、市内の海鮮レストランで食事をとることにする。

シーフード・レストラン

このレストランは、どうやら韓国人が経営しているお店らしい・・・・
客はほとんどが韓国人だった・・・・
味は悪くない・・・・結構おいしかった。

夕食

今日の旅はこれで終わり。
藤井さんもお元気で一日中見て回ってくれたのでホッとした。
ダバオは今日が最後・・・・明日はマニラに戻る。
藤井さんにとって、今回の旅の一番の思い出は、同じ元少年兵の“アモイさん”に会ったことだという。
「最高の旅だった」と言っていただきホッとした。


  


 トップページに戻る   旅日記に戻る

SEO [PR] カード比較  冷え対策 温泉宿 動画無料レンタルサーバー SEO