土居晩翠像 平成21年11月9日

土井晩翠 どい・ばんすい

明治4年10月23日(1871年12月5日)〜昭和27年(1952年)10月19日

宮城県仙台市・仙台城本丸跡でお会いしました。


本名は土井つちい林吉。
昭和9年(1934年)以降、土井を「どい」と称した。
幼時から史書・漢籍などに親しむ。
東大卒。
大学在学中から詩作。
明治32年(1899年)、第一詩集『天地有情てんちうじょう』を刊行。
漢語脈の叙事詩風の詩編により、和語脈の島崎藤村と併称される存在となる。
『荒城の月』の作詞者。
昭和25年(1950年)、文化勲章受章。


土井晩翠先生像


土井晩翠先生像
(宮城県仙台市・仙台城本丸跡)


ライオンズクラブ国際協会302E−H地区
第22回地区年次大会記念


(平成21年11月9日)

土井晩翠

晩翠は本名を林吉といい明治4年(1871年)仙台市北鍛冶町の質商土井七郎兵衛の長男として生まれた。
明治11年、培根小学校(今の木町小学校)に入り、のち立町小学校に転校、仙台英語学校、旧制第二高等学校を経て明治30年東京帝国大学英文科を卒業、明治33年母校二高の教授として帰仙した。
その間、31年に不朽の名作「荒城の月」を作詩発表、続いて第一詩集「天地有情」を処女出版した。
島崎藤村の「若菜集」におくれること2年の明治32年、晩翠の28才から29才にかけての頃であった。
のち6つの詩集や数多くの随筆など出版した。
昭和22年日本芸術院会員、24年仙台市名誉市民に推され翌25年、文化勲章を受章され昭和27年10月19日、仙台市本荒町の晩翠草堂で情熱の詩人としての81年の生涯を閉じられた。

この碑は昭和27年、晩翠会等によって建てられたものです。

 春高楼の花の宴  めぐる盃影さして
     千代の松が枝わけいでし  むかしの光いまいづこ

 秋陣営の霜の色  鳴きゆく雁の数見せて
     植うるつるぎに照りそいし  むかしの光いまいづこ

 いま荒城の夜半の月  変らぬ光たがためぞ
     垣に残るはただかづら  松に歌ふはただ嵐

 天上影は変らねど  栄枯は移る世の姿
     写さんとてか今もなほ  ああ荒城の夜半の月

(説明板より)




 トップページに戻る   銅像のリストに戻る

SEO [PR] カード比較  冷え対策 温泉宿 動画無料レンタルサーバー SEO