独立輜重兵第54大隊

(第6000部隊)


慰霊碑



『慰霊』の碑

独立輜重兵第五十四大隊
大阪護国神社




(平成20年6月15日)

碑誌

独立輜重兵第54大隊(通称第6000部隊)は昭和16年8月大阪金岡において編成、直ちに渡満、主として東北満の警備に当たる。
19年3月移動、華中華南の地にて数次に及ぶ激烈なる作戦に参加、20年8月終戦を迎う。
抑留期を経て故国に帰還、21年7月横須賀において復員解散す。
この間、在満時21名在華時668名総計689名に上る多数の戦没者を出し、痛恨極まりなし。
終戦後33周年を迎うるに当たり、元部隊有志一同、亡き戦友を偲びその霊を弔うため、この地に慰霊碑を建立し英魂録を収め、永久に冥福を祈るとともに、部隊略史を刻記し、その存在を後世に留むるものなり。

昭和52年8月
独立輜重兵第五十四大隊
有志一同

(銘板より)




 トップページに戻る   陸海軍部隊リストに戻る

SEO [PR] カード比較  冷え対策 温泉宿 動画無料レンタルサーバー SEO