独立野砲兵第11連隊

編成地 編成時期 終戦時の所在地
大阪 昭和10年 レイテ島

慰霊碑


慰霊碑
獨立野砲兵第十一聯隊
獨立野砲兵第二聯隊

(愛知県名古屋市・愛知県護国神社



(平成15年11月28日)

獨立野砲兵第11連隊行動の概要(碑文)

昭和10年大阪に於いて編成完結後満洲事変に参加 満州国錦県に駐留す
昭和12年支那事変勃発するや逸早く北京・天津地区に進出
ついで南口居庸関の戦闘に参加 八達岑の嶮を突破して蒙彊に進入 爾来大同周辺の警備に任ずる傍 しばしば出動して各地の戦闘に参加す
この間昭和14年以降 愛知県を主として岐阜県・静岡県出身の壮丁三千五百余名入隊す
昭和19年7月 大同を出発して比島戦線に向かい 8月マニラに上陸 直ちに附近の警備に任ず
同年10月 戦雲急なるレイテ救援のためオルモックに上陸せんとして空襲を受け火砲及馬匹弾薬を失う
残存火砲を以て臂力搬送 克くアルベラ地区に陣地を占領し敵大部隊と激戦の後 或は火砲と共に自爆し 或は斬込隊として敵中に突入 遂に連隊長以下全員玉砕す

英霊に捧ぐ(銘板)

祖國の必勝とその繁榮を信じて散華されし一千二百有餘柱の英靈に對し茲にささやかな碑を建て以て感謝の誠を捧ぐると共にその偉勲を永く後世に傅えんとす

昭和48年5月27日
獨立野砲兵第十一聯隊
 同 第二聯隊
生存者一同

題字
第三代聯隊長 平川清治書


 トップページに戻る   陸海軍部隊のリストに戻る

SEO [PR] カード比較  冷え対策 温泉宿 動画無料レンタルサーバー SEO