独立工兵第15連隊

(通称号:勢8125部隊)

編成地 編成時期 終戦時の上級部隊 終戦時の所在地
大阪 昭和13年 第2軍 西部ニューギニア・マノクワリ地区

昭和13年10月、バイアス湾上陸作戦に参加。
続いて広東攻略戦にも参加する。
昭和15年1月の南支那派遣軍の南寧付近への駐屯に伴い、欽寧站道、南寧軍橋確保に任じる。
昭和16年12月、マレー作戦に参加してシンゴラに上陸。
カンパル河、スンカイ河などでの迅速な架橋修理で奮戦し感状を授与された。
昭和17年7月、第17軍の南海支隊に配属され、ポートモレスビー攻略戦に参加。
スタンレー山脈を越え、ポートモレスビーを望む地点まで進出したが、軍命令で撤退。
ギルワに陣地を構築。
同地に上陸した米軍と激戦。
2ヶ月後、生存将兵は約50名。(上陸時は1400名)
のちにパラオで再建。
昭和19年1月、第2軍に配属となり、マノクワリに進出。
同地で終戦を迎えた。






独立工兵第15連隊之墓
(和歌山県伊都郡高野町・高野山奥の院)




(平成21年4月9日)



副碑
(和歌山県伊都郡高野町・高野山奥の院)




(平成21年4月9日)

アジア民族の解放と世界平和を祈念しつゝ若き命を散じた英魂を■仰し独工十五の生存者一同今ここに微資を■じてこの碑を建つ。
我等いつか卿等の■下に倶会して徒■を詫び共に人類の発展と平和を■念せん。

昭和46年9月16日
独工十五生存者一同

(碑文より)



 トップページに戻る   陸海軍部隊リストに戻る

SEO [PR] カード比較  冷え対策 温泉宿 動画無料レンタルサーバー SEO