福井直秋像 平成18年2月5日

福井直秋 ふくい・なおあき

明治10年(1877年)10月17日〜昭和38年(1963年)12月12日

東京都練馬区・武蔵野音楽大学江古田キャンパスでお会いしました。


富山県の浄誓寺の五男として生れる。
明治32年(1899)東京音楽学校へ進学、授業補助をしていた滝廉太郎と出会う。
声楽指導法、歌曲集編纂に尽力。
明治41年、我が国最初の和声学専門書『初等和聲學』を執筆。
歌曲、器楽曲の創作に意欲を燃やし、約1,000曲の作品を遺した。
1929年、武蔵野音楽大学の前身である武蔵野音楽学校を設立。
武蔵野音楽大学初代学長。


福井直秋先生像



福井直秋先生像
(武蔵野音楽大学江古田キャンパス内)





(平成18年2月5日)

碑文

                  文学博士 久松潜一撰
福井直秋先生は明治10年10月17日富山県に生まれ明治35年東京音楽学校を卒業以来或は師範学校或は中学校或は音楽学校の教育に盡瘁し昭和4年周囲の要請もだしがたく私財を投じ現在の武蔵野音楽大学の前身である武蔵野音楽学校を創立尓来廾八年間具さに苦難を嘗めつゝこれが育成に専念し同校をして今日わが国有数の音楽大学にまで発展せしめた
その間常にわが国全般の音楽教育の向上刷新を念願しその卓抜な識見と若々しい情熱とは絶えず音楽教育界を警醒しその功績は実に顕著なものがあった
殊にわが国音楽教育機関の施設改善の機運を促すために率先して武蔵野音楽大学の校舎改築を計画し万難を排して事に当り新しい設備の新校舎の完成を見るに至った
このたび同校舎の落成を機会に先生の偉大な恩徳と不朽の功績とを永遠に鑽仰するためにこれを建立するものである

昭和32年5月25日
福井直秋先生彫像建立委員会
呉石 西脇 静 書

武蔵野音大・ベートーヴェンホール




武蔵野音楽大学江古田キャンパス・ベートヴェンホール






(平成18年2月5日)

武蔵野音楽大学  和声



 トップページに戻る   銅像のリストに戻る

SEO [PR] カード比較  冷え対策 温泉宿 動画無料レンタルサーバー SEO