10.帰国

(ブリスベン〜シンガポール〜成田・靖国神社)


平成22年(2010年)11月23日 【8日目】

ブリスベン市内観光を終え、午後2時40分発シンガポール行きの便に乗るため空港に向かう。
あ〜あ〜また長時間のフライトか・・・・うんざりである。(涙)

ブリスベン空港

シンガポール航空236便に乗り、約8時間かかって・・・(涙)
午後8時半過ぎ、ようやくシンガポール空港に到着!
あ〜退屈だったぁ〜
本当に、誰なんだよ〜!こんな行程を考えたのは!

機内食・その1
機内食・その2

8時間以上もタバコを吸うのを我慢できるんだから、禁煙すればいいと我ながら思ったりするのだが・・・
でも、やっぱりタバコが吸いたい!(笑)
出発時とは別の喫煙所を捜す。

で・・・ここで乗り換えだが・・・
待ち時間が約3時間ほどある。(涙)
いやぁ〜退屈だぁ〜

ふと・・・気が付いたことが・・・・
そういえば、ブリスベンのホテルにチェックインした時にデポジットとして私のクレジットカードを使用したのだが・・・
あれの処理はどうしたんだろうか?
うっかり確認するのを忘れていた・・・・
そこで、添乗員に確認したのだが・・・
「あ、あれですか、私は知りません。現地のガイドがやったことですから」と言う。
そんな・・・馬鹿な・・・
「添乗員として確認するのが当然じゃないの?きちんと破棄処分をしたという確認はとらなかったの?」
「・・・・」
「もし、悪用されたらどうするの?何かの間違いで請求されたら自動的に私の口座から全員の宿泊代が引き下ろされちゃうんじゃないの?」
「あ〜そういうことを心配されているんですかぁ〜。多分大丈夫じゃないですか?」
「多分?」
「・・・・」
「多分って何?」
「そういうことは滅多にないでしょう」
「滅多にってことは、有り得るってことだよね?その時には責任を取ってもらえますよね?」
「・・・・・」
「だいたい俺のクレジットカードを使っておいて、そんなことで・・・というのはおかしいんじゃないのか?」
「・・・・」

だいたい、団体旅行だというのに参加者個人のクレジットカードを使ってデポジットを払うっていうのはどういうことよ。
大手旅行会社なら、添乗員なり現地ガイドなりが会社のクレジットカードを持っているんじゃないの?
旅行会社側でデポジットは対応するべきじゃないの?
どうもわからん・・・・
日本の最大手旅行会社といえども現地のホテルに信用されていないということなのだろうか?
だから、参加者個人のクレジットカードを使うのか?
個人のクレジットカードで責任を持つんだったら、個人旅行と同じだろう。なにも、この会社に頼まなくても良かったんじゃないか?
しかも、成田から真っすぐパプアニューギニア航空でポートモレスビーまで直行できるのに、わざわざ遠回りをしてさぁ〜
余計な時間とカネを使わされてさぁ〜

さすがに、短気な私は完璧に頭に血が上ってしまった!
「そんなことを心配しているんですかぁ〜」という小馬鹿にした返答には頭に来た。
ついつい大声を出してしまった。(大人げないが・・・)
だいたい対応が悪い。
「うっかりしていました。すみません。あとでホテルに確認して帰国後報告します」と言えば済むことである。
それでなければ嘘でもいいから「破棄するように指示を出してありますが、再度確認しておきます」で済むことである。
素人の私でもわかることがプロの添乗員は出来ないのか?
「そんなことを心配するなんて気の小さい人ね」と言わんばかりの小バカにした言い方には腹が立つ。

福岡組の方々とは、この空港でお別れである。
コーヒーラウンジでコーヒーを頂きながら少々雑談・・・・
さらに時間があるので、ここで一応解散ということで、あとは各自自由行動、それぞれが搭乗口に向かうということで別れる。
で・・・・私は再度喫煙所に走る!(笑)

午後11時55分発のシンガポール航空638便、成田行きに乗る・・・・


平成22年(2010年)11月24日 【9日目】
機内食(朝食)

あ〜あ〜・・・機内食にも飽きたぞ〜(笑)
約6時間30分のフライト・・・・
いやぁ〜疲れる・・・・

午前7時30分、成田空港に到着。
ここで“成田組”(といっても、3名だが・・・)は解散。
各自それぞれ帰途につく。

私はトイレに向かい、手荷物に入れておいた電動シェイバーで髭を剃り、顔を洗い・・・・
で・・・喫煙所へ・・・・(大笑)
いつもは到着すると真っすぐ帰途につくが、早朝である。
時間はたっぷりある。
こういう時じゃ出来ないので・・・空港内を“散策”する。(笑)

で・・・ふと、思い立った!
どうせ時間があるんだから・・・靖国神社にお参りに行こう!
ガダルカナル島から帰って来た報告をしておきましょう。
ということで・・・靖国神社に向かう。

11時前に到着。
早速参拝して帰国のご報告。
いつものように遊就館内の喫茶に行き、お昼を食べる。
ここの店員さんは私の顔を覚えていてくれていて、にこやかに応対してくれた。
「今朝、ガダルカナル島から帰って来たところなんですよ〜。成田からまっすぐご報告のお参りにきたんですよ」と言ったらキョトンとされた。(大笑)
「ガダルカナルってどこにあるのかわからないでしょ?」(大笑)
「いえ・・・あの・・・ご苦労様です」(苦笑)

上野に向かい・・・・ようやく帰宅する。
疲れたぁ〜
いやぁ〜それにしても、昨晩は飛行機の中にいたんだよなぁ〜
なんか・・・信じられない気分である。

皆さま、お疲れ様でした。
お世話になりました。

〜終わり〜



 トップページに戻る   旅日記に戻る

SEO [PR] カード比較  冷え対策 温泉宿 動画無料レンタルサーバー SEO