飛行第19戦隊


慰霊碑



『飛行第19戦隊 慰霊之碑』

(京都市東山区・霊山観音)




(平成16年4月2日)

碑文

飛行第19戦隊は昭和18年12月北伊勢の地にて飛燕戦斗隊として誕生
19年6月、勇躍比島に前進、船団掩護に任じ、次いで反攻し来る米機動部隊艦載機群と熾烈な空中戦を展開、10月捷一号作戦下令、レイテの敵艦船を攻撃、多大な戦果と共に多くの戦友また散華す。
11月愛知県小牧で戦力回復、Bー29を邀撃、撃墜、20年1月再度鵬翼を南の空にのばし、ルソン島リンガエン湾の敵艦船を特攻攻撃、3月天号作戦下令、沖縄進攻の米機動艦隊に対し、台湾宜蘭飛行場より、誠特別攻撃隊となり相次いで沖縄の空に散華、護国の鬼となれり。
北部ルソン島残留の地上勤務者は、運命を陸軍部隊と共にせり。
8月、戦隊は台湾花蓮港にて終戦を迎う。
戦歿者四百余柱
謹んで戦隊史を記す。

昭和49年3月24日
飛行第19戦隊飛燕会


 トップページに戻る   陸海軍部隊のリストに戻る

SEO [PR] カード比較  冷え対策 温泉宿 動画無料レンタルサーバー SEO