飛行第19戦隊


慰霊碑



『飛行第19戦隊 慰霊之碑』

(京都市東山区・霊山観音)




(平成16年4月2日)

碑文

飛行第19戦隊は昭和18年12月北伊勢の地にて飛燕戦斗隊として誕生
19年6月、勇躍比島に前進、船団掩護に任じ、次いで反攻し来る米機動部隊艦載機群と熾烈な空中戦を展開、10月捷一号作戦下令、レイテの敵艦船を攻撃、多大な戦果と共に多くの戦友また散華す。
11月愛知県小牧で戦力回復、Bー29を邀撃、撃墜、20年1月再度鵬翼を南の空にのばし、ルソン島リンガエン湾の敵艦船を特攻攻撃、3月天号作戦下令、沖縄進攻の米機動艦隊に対し、台湾宜蘭飛行場より、誠特別攻撃隊となり相次いで沖縄の空に散華、護国の鬼となれり。
北部ルソン島残留の地上勤務者は、運命を陸軍部隊と共にせり。
8月、戦隊は台湾花蓮港にて終戦を迎う。
戦歿者四百余柱
謹んで戦隊史を記す。

昭和49年3月24日
飛行第19戦隊飛燕会


【飛行戦隊】

日華事変中の昭和13年8月、制度を改めて従来の飛行連隊や飛行大隊は飛行戦隊と改称し、陸軍航空兵力の基礎単位となった。
戦隊長は少佐である。
主として内容は同一機種である。
1個飛行戦隊は3個飛行中隊からなる。
爆撃機なら1個中隊(9機)×3=27機、戦闘機なら1個中隊(12機)×3=36機というわけだが、予備機や欠員も多く、必ずしも一概には言い切れない。
飛行戦隊は独立した飛行場大隊の世話になった。
飛行戦隊は時には兵力の3分の1=1個中隊を本隊と分離し、別の方面に貸与してやる場合も多い。
太平洋戦争終了までに100以上の飛行戦隊があった。

偵察機は少数機で忍者のように行動するから、飛行戦隊よりも独立飛行中隊(8〜12機)として行動したものが多い。
もちろん偵察機の飛行戦隊もあったし、偵察機と構造のよく似ている軽爆(あるいは地上襲撃機)の中隊とコンビを組んで1個飛行戦隊を編成するケースもあった。
同じ部品を使っていると整備が容易だからであろう。

(参考:木俣滋郎 著 『陸軍航空隊全史』 朝日ソノラマ 文庫版航空戦史シリーズ90 1994年7月 第6刷発行)

(平成31年1月4日 追記)



 トップページに戻る   陸海軍部隊のリストに戻る

SEO [PR] 爆速!無料ブログ 無料ホームページ開設 無料ライブ放送