飛行第67戦隊

(比島作戦時の所属:陸軍第8飛行師団 通称名:誠18969部隊)


飛行第67戦隊慰霊碑 「飛行第67戦隊 慰霊碑」

愛知県幡豆郡の三ヶ根山にある”殉国七士の墓”の近くにあります。

碑誌

飛行第67戦隊は 大東亜戦争にあたり 本土 千島 南西諸島 台湾 比島 ボルネオ シンガポールと転戦し レイテ ルソン ミンダナオ 沖縄等では激しい戦闘に参加した。
この間 168名の 戦友が 惨烈な戦局のもと 広範な戦域の空地において 非命に倒れた
ここに有志相寄り 碑を建て 万感をこめ 鎮魂の祈りを捧げる

昭和59年10月
飛行第67戦隊戦友有志


【飛行戦隊】

日華事変中の昭和13年8月、制度を改めて従来の飛行連隊や飛行大隊は飛行戦隊と改称し、陸軍航空兵力の基礎単位となった。
戦隊長は少佐である。
主として内容は同一機種である。
1個飛行戦隊は3個飛行中隊からなる。
爆撃機なら1個中隊(9機)×3=27機、戦闘機なら1個中隊(12機)×3=36機というわけだが、予備機や欠員も多く、必ずしも一概には言い切れない。
飛行戦隊は独立した飛行場大隊の世話になった。
飛行戦隊は時には兵力の3分の1=1個中隊を本隊と分離し、別の方面に貸与してやる場合も多い。
太平洋戦争終了までに100以上の飛行戦隊があった。

偵察機は少数機で忍者のように行動するから、飛行戦隊よりも独立飛行中隊(8〜12機)として行動したものが多い。
もちろん偵察機の飛行戦隊もあったし、偵察機と構造のよく似ている軽爆(あるいは地上襲撃機)の中隊とコンビを組んで1個飛行戦隊を編成するケースもあった。
同じ部品を使っていると整備が容易だからであろう。

(参考:木俣滋郎 著 『陸軍航空隊全史』 朝日ソノラマ 文庫版航空戦史シリーズ90 1994年7月 第6刷発行)

(平成31年1月4日 追記)



 トップページに戻る   陸海軍部隊リストに戻る

SEO [PR] 爆速!無料ブログ 無料ホームページ開設 無料ライブ放送