歩兵第110連隊

(通称号:鷺3911部隊)

編成地 編成時期 終戦時の上級部隊 終戦時の所在地
岡山 昭和13年 第110師団 洛陽

姫路に第110師団が編成された時に誕生した連隊。
編成直後の昭和13年7月14日に塘沽に上陸、連隊本部は布定に直行、第1大隊・第3大隊は魯北作戦参加のため徳県へ、第2大隊は高碑店に向かった。
第110師団は後方の治安部隊として編成された部隊で、荒漠たる河北省の山野には敵の敗残兵が多く、ゲリラ戦法をもって仕掛けてくることから、治安維持には困難を極めた。
冀西作戦(山西省浹源を攻撃する作戦)では、連隊本部・第1大隊・第2大隊・野砲1個中隊・工兵1個小隊・騎兵1個小隊が参加した。
昭和14年には晋察冀辺作戦に参加。
昭和15年1月から昭和16年2月にかけては嬉村附近において警備討伐に従事。
昭和19年、京漢作戦における洛陽攻撃に参加。
昭和20年、予鄂作戦の西峡口戦ではかなりの苦戦を強いられた。


歩兵第110連隊50年記念碑


『歩兵第110連隊50年記念』の碑
(岡山県護国神社)

昭和63年6月吉日建之



(平成16年10月3日)
岡山歩兵110連隊史発刊記念碑


『岡山歩兵第110聨隊史発刊記念碑』

(岡山県護国神社)

平成3年6月吉日建之



(平成16年10月3日)

記念碑建立の趣旨

想い起こせば50年前即ち昭和13年6月 当岡山市に於ける郷土部隊歩兵第110聨隊を編成し翌7月中国大陸に渡り華北5省に転戦すること8年余 その戦友は万を数え戦没者千名に垂んとす
われら戦後に生きて敗戦の恥辱に耐え只管祖国復興に献身せり
以来50年 今や我が国は世界に誇る経済大国となり且つ戦争放棄の平和国家に生まれ変わりたり
これ国民総力結集の賜と雖も散華勇士の英霊の加護によるものと感慨転無量なるものあり
ここ操山々麓幽玄の地護国神社の境内を借し 有志相集いてこの碑を建立し 今は亡き戦友の霊を慰め併せて世界平和の悠久ならん事を祈念するものなり

昭和63年6月
歩兵第110聨隊有志一同識
右は鷺3911部隊と称せり

(碑文より)


華北省



 トップページに戻る   陸海軍部隊のリストに戻る

SEO [PR] カード比較  冷え対策 温泉宿 動画無料レンタルサーバー SEO