歩兵第154連隊

(通称号:兵10114部隊)

編成地 編成時期 終戦時の上級部隊 終戦時の所在地
岡山 昭和15年 第54師団 ナユーランサクン(ビルマ)

歩兵第10連隊が満洲に移駐後、岡山に第54師団が置かれたのを機に創設される。
昭和15年8月2日編成完了。
昭和18年2月、第54師団に動員下令。
師団は隷下の歩兵各一連隊を基幹とする3個梯団とし、ジャワ(歩兵第111連隊基幹)、マレイ(歩兵第154連隊基幹)、上海(歩兵第121連隊基幹)を経て、逐次ビルマに集結。
昭和19年7月、チェドバ島の守備を歩兵第121連隊(鳥取で編成)に任せ、カンゴウ地区に前進。
昭和19年1月22日、カンゴウ地区・ウマ高地西側地区に英印軍第25師団」の一部隊が上陸。
第3中隊が英印軍に対したが、ウマ高地を占領される。
1月31日、ウマ高地奪還のため、第1大隊が一日中、手榴弾戦を展開したが、敵機に阻まれ補給が得られないままに攻撃を断念。
この戦いで第1大隊の大半が戦死、生存者はわずか11名だったと言われている。
その後、第1大隊はアラカン山脈を踏破してサリンに終結、混成第72旅団長の指揮下に入りイラワジ河で激戦を演じる。
第3大隊はシッタン河畔での作戦に参加し、苦戦を強いられた。
8月20日、連隊は南キャドウインに集結するが、その戦力はわずか391名だったと言われている。


忠魂碑


歩兵第154聯隊『忠魂碑』

(岡山県護国神社)

靖國神社宮司 大野俊康書



(平成16年10月3日)

碑文

歩兵第154聯隊は 昭和15年8月2日岡山市に創設され同18年9月ビルマに出征し各地に勇戦不敗兵団として輝かしい戦果を挙げたが昭和20年8月27日シャン山系に於いて終戦の詔を拝し涙をのんで戈を収めた
この間 我が聯隊の祖国のために命を捧げた2千数百柱の英霊をこゝに鎮魂し世界平和の礎として永く国民の胸に生き続けられることを念願し この忠魂碑を建立する

平成4年10月4日
施主 歩兵第154聨隊戦友会
施工 有限会社 市石材工務店


歩兵  歩兵連隊  ビルマ  郷土部隊



 トップページに戻る   陸海軍部隊リストに戻る

SEO [PR] カード比較  冷え対策 温泉宿 動画無料レンタルサーバー SEO