歩兵第54連隊

(通称号:月7385部隊)

編成地 編成時期 終戦時の上級部隊 終戦時の所在地
岡山 明治38年 第17師団 ニューブリテン島

明治38年4月、日露戦争下の動員下令により、姫路、福知山、善通寺、丸亀、松山、高知など各地所在の歩兵連隊補充隊が編成した各部隊を合体して作られた。
初め第14師団、歩兵第27旅団に属し、直ちに満洲に派遣され第3軍の隷下に入ったが、日露戦争では戦火を交えることなく帰還。
帰還後は一時鳥取に駐屯していたが、岡山に第17師団が新設されたのを機に、明治41年4月に御津郡伊島村の兵営に移駐した。
のち大正14年の軍備整理で廃止となり解隊。
昭和13年に再編成され、日中戦争では連隊の一部が歩兵第53連隊と共に出動し、高瑞鎮作戦をはじめ各種の作戦に参加。
昭和18年11月、ニューブリテン島へ進軍。
連隊主力はガスマタ、第1大隊はガブの防備に当たる。
昭和20年4月、主力はラバウル防備のため移動を開始したが、第1大隊はタラセラ半島に残り、半島西部から上陸した約1,000名の米兵を相手に果敢に戦った。


自由の男神像


自由の男神像
歩兵第54聯隊顕彰碑
(岡山県護国神社)




(平成16年10月3日)

碑文

「自由の男神像」は、岡山の郷土部隊が中支・北支および南西太平洋方面で活躍し、その際散華した2千余名の遺魂を託したものである。
そして、平和への希求を万世に伝えることを念願している。

平成7年7月14日
歩兵第54聯隊戦友会之建
(詳細は裏面へ示してある)

顕彰碑 元連隊長:田坂八十八 作

歩兵第54聯隊(月第7385部隊)のあゆみ(碑銘板)

明治38年 4月 第17師団歩兵第54聯隊創設
6月 軍旗親授
8月 日露戦役に参加 奉天(瀋陽)附近の警備
大正14年 5月 軍備縮小により師団廃止 聯隊は軍旗を奉還
昭和12年 7月 日支事変勃発
昭和13年 4月 師団復活 聯隊は岡山中部第48部隊にて再編成
秘匿名を月第7385部隊と称す
7月 再び軍旗拝受 青野ヶ原陸軍演習場にて奉戴式挙行
宇品港出帆
8月 上海附近に上陸 蘇州及び周辺の警備
10月 武漢攻略戦
昭和15年 5月 湟里鎮作戦
6月 高瑞鎮作戦
10月 第二次湟里鎮作戦
12月 青陽貴池作戦
昭和15年 2月 銭塘江南岸作戦
警備地区の変更、蘇州附近より無錫附近の警備
4月 皖南作戦
5月 宣昌作戦
10月 江南作戦
11月 漢水作戦
昭和16年 1月 予南作戦
3月 太湖西方作戦
4月 北支方面に移駐 海州附近の警備
5月 中原会戦
10月 魯南作戦
11月 第二次魯南作戦
12月 大東亜戦争勃発
昭和17年 2月 渦河作戦
4月 浙かん作戦
11月 洪沢湖作戦
昭和18年 2月 蘇准作戦
3月 六塘河作戦
4月 甲東作戦
8月 南京に移動
9月 上海江湾鎮に集結
10月 南太平洋方面へ派遣のため上海港出帆
11月 ニューブリテン島ラバウルに上陸
主力は「ガスマタ・ガブ・タラセア」に展開
第U大隊はブーゲンビル島に進出
主力―ニューブリテン島地区作戦
昭和19年 1月 第二次〜第五次ビスマルク作戦
3月 タラセア作戦
「カ」号作戦 ガスマタ―ラバウル転進
昭和20年 4月 ラバウル防衛戦
8月 トリウ対峙戦・ウラ、モア逆上陸戦
第U大隊―ブーゲンビル島地区作戦
昭和18年 11月 第一次タロキナ作戦
第二機動決戦隊となりタロキナ岬逆上陸作戦
昭和19年 2月 第二次タロキナ作戦
ヌマヌマ地区警備
4月 ソロモン群島防衛戦
8月 タロキナ峠防禦戦
昭和20年 8月 終戦 ラバウルにて軍旗奉焼
昭和21年 5月 内地帰還 復員

(英霊芳鑑・物故者名簿・聯隊史・戦友名簿及び寄進者名簿その他、資料を碑底に収蔵す)

昭和55年9月
歩54戰友會並遺族建之


ラバウル  ブーゲンビル島



 トップページに戻る   陸海軍部隊のリストに戻る

SEO [PR] カード比較  冷え対策 温泉宿 動画無料レンタルサーバー SEO