歩兵第59連隊

(通称号:照7768)

編成地 編成時期 終戦時の上級部隊 終戦時の所在地
千葉県習志野
のち
栃木県宇都宮
明治38年 第14師団 パラオ

日露戦争の進捗にともなって、明治38年に動員下令。
明治38年8月8日に軍旗を拝受。
第15師団の隷下部隊として9月2日に大連に上陸したが、9月15日に休戦。
戦闘を交えることなく引き揚げることになり、韓国の京城(ソウル)の守備に就く。
明治40年2月に帰還。
明治41年10月、新設された第14師団に編入される。
明治42年5月21日、千葉県習志野から栃木県宇都宮の兵営に移転。

大正8年3月31日、シベリア出兵のため臨時編成下令。
連隊(長:松尾伝蔵大佐)はウラジオストックに上陸。
シベリア出兵から帰還後、昭和2年4月に満洲の奉天に2年間駐留して帰還。

その後、満州事変では上海戦線に投入されることになり、昭和7年3月7日に揚子江河口の呉淞に上陸し、クリーク地帯の警備につく。
5月5日に停戦協定が成立し、第14師団は満洲へ転進。
昭和9年4月まで連隊は満洲戦線で各戦闘に参加。
5月5日、宇都宮に帰還。

昭和12年9月3日、日中戦争に参戦するため太沽に上陸。
保定会戦、徐州会戦等、華北の主要戦闘に参加し、多くの死傷者を出す。
昭和14年12月22日、帰還。

昭和15年8月、第14師団は満洲永久駐屯を命じられ、連隊は北満のチチハルに駐屯する。
昭和16年9月から昭和17年5月末まで満蒙国境のハンダガイ地区の警備につく。

昭和19年3月、南方戦線への動員下令。
4月24日、第14師団はパラオに到着、連隊はパラオ諸島最南端のアンガウル島の守備につく。(第2大隊は師団直轄となりパラオに残留)
その後、パラオの空襲、隣のペリリュー島への空襲が激しくなり、米軍の上陸は必至の状況となる。
7月20日、パラオ地区集団(長:井上貞衛第14師団長)の命令により、連隊主力はパラオ本島(バベルダオブ島)に転進。
アンガウル島に残ったのは、後藤丑雄少佐を地区隊長とする第1大隊を中心とした1,194名と海軍警備隊若干名、軍夫として徴用された島民183名、総計1,383名。(資料により数字は異なる)
9月15日、歩兵第2連隊(水戸)が守備するペリリュー島に米軍が上陸。
続いて9月17日にアンガウル島に米軍(米第81歩兵師団・11,000名)が上陸。
約1ヶ月間にわたる激闘の末、10月19日までに後藤地区隊長(第1大隊長)以下全員が玉砕した。
師団直轄部隊として、パラオ本島とコロール島にいた連隊主力は、米軍の爆撃と飢餓の中で多くの犠牲者を出しながら終戦を迎えた。







慰霊碑
 宝木会
栃木県護国神社





(平成22年10月14日)

【碑文】

宝木会は昭和二十五年旧歩兵第五十九聯隊並に東部第三十六部隊関係者により創設 英霊の顕彰と遺族の慰安及び会員相互の親睦をはかり 毎年慰霊祭を実施してきた。
宝木会は護国神社参道、前庭、及び神苑に桜樹二百数十本のほか銀杏の木を献木、忠霊塔の修理参道の整備及び神社幔幕、錦旗、旗幟等を寄進し、また歩兵第五十九聯隊激戦終焉の地パラオ諸島より戦友の遺骨を収集 我が歩兵第五十九聯隊兵営跡に宇都宮歩兵聯隊跡の碑を建てた。
我々は大東亜戦終結後早くから、祖国の安泰と発展のため殉ぜられた、先輩戦友諸士の偉大なる功績顕彰と英魂の平安を祈り、護国神社及び忠霊塔を中心と仰ぎ、神霊の尊崇敬仰慰霊に精魂を傾け、また日本の安全と平和を祈念してきた。
茲に本会並に関係者の意図と哀情を子孫がこれを理解し永えに継承されんことを念願し、創立三十周年を記念してこの碑を建立する。

昭和五十五年四月吉日
宝木会




 トップページに戻る   陸海軍部隊のリストに戻る

SEO [PR] カード比較  冷え対策 温泉宿 動画無料レンタルサーバー SEO