重巡 青葉


重巡青葉  平成18年11月22日

重巡洋艦「青葉」

昭和2年9月、三菱重工(株)長崎造船所で竣工。
主砲の20センチ砲は、発射速度や防御の上からも有利な連装砲塔であり、対空兵装も12センチ高角砲を装備した。
偵察機用のカタパルトを持つなど近代化巡洋艦の花形であった。
大東亜戦争開戦時は南洋群島を攻略するなど数多くの海戦に参加し、昭和20年7月呉軍港で空襲を受けて被弾し、海底に着底した。

(説明板より)

重巡青葉の模型



重巡「青葉」・模型
(東京・靖国神社遊就館)





(平成18年11月22日)

20センチ主砲身



20センチ主砲身

(広島県呉市・「大和ミュージアム」)





(平成18年3月19日)
20センチ主砲身



20センチ主砲身

(広島県呉市・「大和ミュージアム」)





(平成18年3月19日)

一等巡洋艦「青葉」
20センチ主砲身

3番主砲塔右砲として搭載されていた8インチ(20.3センチ)主砲身の中後部です。
昭和17(1942)年10月11日のサボ島沖海戦で「青葉」は被弾中破。
このときに砲尾部の尾栓も損傷しました。
呉海軍工廠での修理の際に外された砲身は、昭和17(1942)年末から呉工廠総務部利材工場に保管されていました。
昭和20(1945)年6月、特殊警備艦に指定された「青葉」は、呉港外警固屋けごや沖に繋留けいりゅう、7月28日の空襲により大破着底し、そのまま呉で終戦を迎えました。

(説明板より)

大和ミュージアム



呉市海事歴史科学館(大和ミュージアム)

(広島県呉市)





(平成18年3月19日)
1階:「呉の歴史」展示
呉の歴史を、その背景となった世界・日本の動向とのかかわりのなかで紹介します。
写真や映像などに加え、10分の1戦艦「大和」や、零式艦上戦闘機、人間魚雷「回天」などの実物資料で戦争の悲惨さや平和の大切さを伝えます。
3階:「船をつくる技術」展示
船を中心とした科学技術の原理を体験・体感を通して分かりやすく紹介します。
操船シミュレータのほか、作った船を走らせることができる実験水槽、科学の不思議を体験するサイエンスショーや工作教室などで楽しく学べます。
「未来へ」展示
宇宙開発へと夢をはぐくみ広げてきた科学技術と、時空を超えた未来への希望を創造し続ける松本零士氏の世界などを紹介します。

開館時間 展示室 9:00〜17:00
休館日 火曜日(祝日の場合は翌日、7月21日〜8月31日は無休)
観覧料 一般 500円
アクセス JR呉駅から徒歩5分

(リーフレットより)


 (関連商品のご紹介) 

重巡青葉  重巡洋艦


 トップページに戻る   陸海軍部隊リストに戻る

SEO [PR] カード比較  冷え対策 温泉宿 動画無料レンタルサーバー SEO