海軍兵学校


海自・幹部候補生学校 平成18年3月20日

旧海軍兵学校跡


海上自衛隊
第1術科学校・幹部候補生学校
(広島県江田島市)

旧・海軍兵学校跡



(平成18年3月20日)

学校の歴史

江田島は、風光明媚な広島湾に位置して、東は呉市に、北は広島市に、西は那沙美島を隔てて名勝安芸の宮島に相対し、南は佐伯郡能美島に連なり、また、早瀬大橋、倉橋島、音戸大橋を経て呉市に通じています。
海軍兵学校は明治21年(1888)8月東京築地からこの江田島に移転以来、アメリカのアナポリス、イギリスのダートマスとともに世界3大兵学校としてその名は広く世界が知るところとなりました。
終戦により昭和20年12月1日、約60年の幕を閉じました。
以後の10年間は連合軍が教育施設等に使用しました。
昭和31年(1956)1月返還され、当時横須賀にあった術科学校が当地江田島に移転、その後、昭和32年5月10日に幹部候補生学校が独立開校し、現在に至っています。

(パンフレットより)

海自・幹部候補生学校



海上自衛隊・幹部候補生学校
(広島県江田島市・海上自衛隊第1術科学校)





(平成18年3月20日)

幹部候補生学校

幹部候補生学校は、海上自衛隊の初級幹部自衛官として勤務するのに必要な知識と技能を習得させるための教育訓練を行っています。
年間約600名の一般幹部候補生、幹部予定者、飛行幹部候補生等が教育を受け、3等海尉に任官して巣立っていきます。

(パンフレットより)

大講堂



大講堂
(広島県江田島市・海上自衛隊第1術科学校)

講堂の正面



(平成18年3月20日)
大講堂



大講堂
(広島県江田島市・海上自衛隊第1術科学校)





(平成18年3月20日)
大講堂内部



大講堂・内部
(広島県江田島市・海上自衛隊第1術科学校)

翌日の卒業式の準備中でした。



(平成18年3月20日)

大講堂

大正6年(1917)当時約40万円をかけ瀬戸内産の御影石(花崗岩)で造られた建物です。
講堂内は、床石畳、2階には貴賓室があり、天井はドーム型で舵輪をかたどったシャンデリアが設けてあります。
海軍兵学校時代には、天皇の名代として宮様のご臨席を仰ぎ厳粛に入校式、卒業式等の儀式が行われました。
収容人数は約2,000名です。

(パンフレットより)


大講堂

大正6年4月、後に国会議事堂に使用される倉橋島産の花崗岩をもって大講堂が完成している。
この建設に尽力したのが、第24代校長の山下源太郎であった。
当時海軍部内では、大講堂の建設費が30万円に達し、軽巡1隻の建造費に相当することから反対意見が起きていたが、山下が「器以上に器を動かす人材育成が大事」と主張し、完成させたものだった。

(参考:惠 龍之介著『敵兵を救助せよ』 草思社 2006年 第1刷)

(平成22年1月16日・記)


教育参考館



教育参考館
(広島県江田島市・海上自衛隊第1術科学校)





(平成18年3月20日)

教育参考館

教育参考館は幕末から第2次世界大戦までの海軍関係者の書や遺品が展示してあります。
特に自らを犠牲にして国のために散っていった若き特攻隊員の遺書が胸を打ちます。

(パンフレットより)

屋外展示品

特殊潜航艇・甲標的
特殊潜航艇・海竜
駆逐艦「雪風」の主錨
軍艦大和・主砲砲弾
戦艦「陸奥」の主砲

36センチ一式徹甲弾


36cm一式徹甲弾

(広島県江田島市・海上自衛隊第1術科学校)

この砲弾は、昭和17年(1942年)10月13日夜ガダルカナル島飛行場の砲撃に参加した挺身隊の第3戦隊(「金剛」「榛名」)が発射したものである。


(平成18年3月20日)

砲弾の戦歴

日本海軍が1942年8月ガダルカナル島に建設した飛行場は わが航空部隊が進出する直前に連合軍の奇襲上陸により奪取された
この飛行場の確保が大東亜戦争の天王山と判断した両軍はその争奪を巡って死闘を繰り返した
日本海軍は陸軍のガ島総攻撃用の兵員及び軍需品の高速輸送を支援するため艦砲射撃による飛行場の制圧を計画した
1942年10月13日夜半挺身攻撃隊として編成された軽巡「五十鈴」駆逐艦「親潮」「早潮」「黒潮」「海風」「江風」「涼風」「高波」「巻波」「長波」戦艦「金剛」「榛名」はガ島に肉迫し「金剛」「榛名」の主砲をもって合計918発にのぼる砲撃を加えた
この猛攻によりガ島飛行場は一面火の海となりわが高速輸送船団は無事ガ島に突入し揚陸に成功した

砲弾の祖国帰還の経緯

本砲弾は 1983年8月 ガダルカナル島を訪れた赤沢璋一氏(比叡)及び永末英一衆議院議員(五十鈴)が川村庸也氏の案内により島内の戦跡を見て回った際に発見された
その後 関係者により本砲弾を祖国に帰還させるための努力が重ねられ 特に 川村氏の熱意と懸命な尽力とにより 1985年2月 40余年振りにガ島から祖国に帰ってきたものである
帰還後 海上自衛隊が調査を行った結果 本砲弾は「金剛」又は「榛名」が発射した一式徹甲弾であることが確認された
そこで挺身攻撃隊として 当時の作戦に従事した有志が集って保存会を結成し多くの会員の協力を得て 本砲弾を日本海軍ゆかりの地 江田島に展示し 永く後世に伝えることとした
なお この砲弾が損傷しているのは 不発弾処理によるものであり また 傾けてあるのは ガ島の方向を示すためである

1986年7月
ガダルカナル島砲撃弾保存会

(碑文より)

三景艦・主砲砲弾



三景艦 主砲々弾

(広島県江田島市・海上自衛隊第1術科学校)





(平成18年3月20日)

三景艦 主砲々弾

これは日清戦争(明治27.28年(1894・1895年))黄海々戦において日本艦隊の主力として活躍した三景艦松島・橋立・厳島の主砲の砲弾である。
当時の清国海軍の主力艦定遠は、主砲としてドイツ製クルップ式20口径30.5cm連装砲2門を搭載し、舷側は356mm装甲板で防禦されていた。
一方当時の日本海軍最大の砲はクルップ式26cm砲で巡洋艦浪速・高千穂に2門づつを搭載しているに過ぎなかった。
日清間に風雲急を告げるとき、これに対抗するため松島・橋立・厳島を建造し、フランス海軍に依頼して製作した主砲38口径32cm単装砲1門づつを搭載した。

要目
全長 975mm
全重量 450kg
装薬量 220kg
さく薬量 10kg
最大射程 8000m
初速 650m/s

寄贈 愛知県豊田市 豊田海友会

(碑文より)


 (関連商品のご紹介)



 トップページに戻る   陸海軍部隊リストに戻る

SEO [PR] カード比較  冷え対策 温泉宿 動画無料レンタルサーバー SEO