観阿弥 かんあみ

正慶2年・元弘3年(1333年)〜至徳元年・元中元年5月19日(1384年6月8日)


初代観世大夫でシテ方観世流の祖。
実名は清次きよつぐ、芸名は観世、のちにこれが座名となる。
観阿弥は法名観阿弥陀仏の略称。
大和国の山田猿楽、美濃大夫の養子の三男で、通称三郎。
世阿弥の父。
大和猿楽四座の結崎ゆうざき座に属し、能役者の棟梁として大和国以外でも活動した。
永和元年・天授元年(1375年)頃に京都今熊野いまくまのの能で将軍足利義満よしみつに認められ、天下に名声を博した。
この催しで、猿楽座本来の座衆である翁おきな猿楽専門の芸人と能大夫の分離が決定的となり、芸能史上の画期とされる。
広い芸域で観客を魅了し、能の音曲に革命をもたらした。
能作者としても『自然居士じねんこじ』『四位少将しいのしょうしょう(通小町かよいこまち)』などが知られる。
至徳元年・元中元年(1384年)駿河国で客死。


観阿弥供養塔



観世流祖 観阿弥供養塔

(奈良県大和郡山市・大和郡山城





(平成19年4月11日)



 トップページに戻る   人物と史跡のリストに戻る

SEO [PR] カード比較  冷え対策 温泉宿 動画無料レンタルサーバー SEO