関東軍独立守備隊歩兵第11大隊


関東軍独立守備隊歩兵第11大隊慰霊碑 関東軍独立守備隊歩兵第11大隊の慰霊碑

愛知県幡豆郡の三ヶ根山の”比島観音”にあります。

碑文

関東軍独立守備隊歩兵第11大隊は、南満洲鉄道の警備と満洲国内治安維持の任務をおびて昭和8年鞍山に創立され、任務を遂行する傍ら支那事変、ノモンハン事件では赫々たる武勲に輝く部隊である。
戦争熾烈を極めるにいたり海上機動部隊として編成され、中部太平洋マーシャル諸島ブラウン島に進出、日本陸軍最強部隊として力戦奮闘苛烈なる戦闘を繰り返すも昭和19年2月24日、神州不滅の神念をもって祖国繁栄を希いつつ、全員玉砕するものなり。
この碑は第11大隊の戦友並びに遺族が相より相はかり英魂を供養し、永くその霊を慰めるため建立されたものである。

昭和59年4月吉日


 トップページに戻る   陸海軍のリストに戻る

SEO [PR] カード比較  冷え対策 温泉宿 動画無料レンタルサーバー SEO