知らぬが仏


平成17年11月23日

今日は最終日。午後の便で帰国します。
朝、目が覚めると日本語の『まにら新聞』が届いていた。
おお、こういうサービスがあるのか。
私がいつも泊まるパビリオンホテルでは、こういうサービスがないので、日本語の新聞を読んだことがないのです。
どれどれ・・・
第一面の記事を見て唖然!
ケソン州でのフィリピンゲリラの記事。

兵士3人死亡、9人負傷
ケソン州でNPAと交戦続く
国軍22日の発表によると、ルソン島南部ケソン州ティアオン町郊外で21日午後5時半ごろ、国軍第1歩兵大隊の部隊と比共産党の軍事部門、新人民軍(NPA)とみられる武装集団約50人が交戦、国軍兵士3人が死亡、9人が負傷した。
同町では20日未明、NPAとの交戦で警官1人が死亡、さらに同日午後にも交戦があった。
国軍・警察は戦闘地域に住む町民350人を町の中心に避難させた後、徹底したNPA掃討作戦を開始した。
町内の大半の学校では臨時休校した。
国軍は、NPAメンバーは戦闘の後、戦闘服を脱いで民間人の間に紛れ込んだ公算もあるとしている。

ありゃりゃ・・・・もしかして・・・我々はこの近くを通ってませんでしたか?

電話中継施設襲われる
ケソン州
国軍22日の発表によると、ケソン州ルクバン町で19日と22日の両日、フィリピン共産党の軍事部門、新人民軍(NPA)メンバーが、携帯電話の中継施設を襲撃した。
4月から電話施設攻撃事件は約20件に上る。
国家警察ルクバン署の調べでは、22日午後1時ごろ、同町ピイス・バランガイ(最小行政区)の携帯電話大手グローブ・テレコム社電話中継施設が爆破され、主システムが大破した。
19日夕にあった最初の襲撃事件では、電波受信用の支柱を爆破した程度だった。
同署は「襲撃は、同社が革命税の支払いを拒否したため起きた可能性が高い」とみている。

ゲゲッ!
ルクバンはこの事件の起こる前日に通過しているじゃありませんか。
新聞にはゲリラの起こした事件の記事はこの2件のみ。
2件ともケソン州。
かなり危ない地域を我々は走っていたことになりませんか?
”知らぬが仏”とは、まさにこのことかも・・・・


 


 トップページに戻る   旅日記に戻る

SEO [PR] カード比較  冷え対策 温泉宿 動画無料レンタルサーバー SEO