顕如 けんにょ

天文12年1月7日(1543年2月20日)(※1月6日の説あり)〜文禄元年11月24日(1592年12月27日)


本願寺11世。
父は第10世証如。
母は権中納言庭田重親の娘。
天文23年(1554年)に得度。
永禄2年(1559年)門跡に列する。
元亀元年(1570年)〜天正8年(1580年)、織田信長との間に石山合戦を展開。
正親町おおぎまち天皇の仲裁で和議し、石山を退き紀伊国鷺森、ついで和泉国貝塚に移り、天正13年(1585年)豊臣秀吉の命により石山に帰る。
天正19年(1591年)、秀吉から京都堀川七条に寺地を与えられる。
顕如の死後、教団内で石山本願寺退去時の信長への対応をめぐって長男の教如(強硬派)と三男の准如(和睦派)が対立。
のちに、本願寺は西本願寺(准如)と東本願寺(教如)に分裂した。


石山本願寺推定地




石山本願寺推定地
(大阪市・大阪城




(平成20年6月17日)

石山本願寺推定地

明応5年(1496)に、本願寺八世蓮如が生玉庄の大坂に大坂坊舎を建立した。
これは現在のところ「大坂」の地名が史料上に現れる初例である。
『天文日記』によると大坂坊舎は生玉八坊のひとつ法安寺の東側に建立されたといわれ、当時は小堂であったと考えられる。
その後細川氏をはじめとする諸勢力との権力闘争の中で大坂の重要性が増すとともに、天文元年(1532)に六角定頼と法華宗徒により山科本願寺が焼き打ちされるに及んで、本願寺教団の本拠である石山本願寺に発展した。
石山本願寺周辺は、山科と同様に広大な寺内町が造営された。
この造営が現在の大阪の町並の原形となったと考えられる。
その後十一世顕如の時代に、信長との石山合戦に敗れ、石山本願寺を退去した本願寺教団は、鷺森、貝塚、天満を経て京都堀川に本拠を移転する。
一方、石山本願寺跡には豊臣秀吉によって大坂城が建設される。
この時に、大規模な土木工事により地形的にかなりの改造が加えられたと考えられる。
さらに大坂夏の陣ののち徳川大坂城が建設されるに際して、再び大規模な土木工事が行われた。
このような状況のため、石山本願寺跡の正確な位置や伽藍跡についてはいまだ確認されていないが、現在の大阪城公園内にあたることは確実と考えられている。

大阪市教育委員会

 (説明板より)




 トップページに戻る   人物と史跡のリストに戻る

SEO [PR] カード比較  冷え対策 温泉宿 動画無料レンタルサーバー SEO