騎兵第15連隊

編成地 編成時期
千葉県習志野 明治34年

騎兵第15連隊は、騎兵第1旅団(騎兵第13連隊騎兵第14連隊)とともに皇軍最初の騎兵旅団として、騎兵第2旅団が創設された時に編成された部隊です。
騎兵第2旅団は明治32年に編成に着手し、明治35年に旅団全部の編成が完了しましたが、隷下の騎兵第15連隊・騎兵第16連隊は明治34年に軍旗を授与されています。

戦歴
日露戦争で出動した後は、満洲事変にも支那事変にも出動せず、昭和16年に解隊されるまで国内に駐屯していました。

編成の変革
大正8年、機関銃中隊を設置。
大正11年、軍縮により1個中隊が削減され4個中隊編成となる。
昭和16年4月、騎兵が全面的に機甲兵となるに及び旅団(15・16両連隊)は解隊されました。


【騎兵第15連隊将校団会】





第34回総会および懇親会

(東京都中野区東中野・west53rd日本閣にて)





(平成20年10月10日)




west53rd日本閣
(東京都中野区東中野5−2)





(平成20年10月10日)





第33回総会および懇親会

(東京都中野区東中野・west53rd日本閣にて)





(平成19年10月10日)

総会および懇親会

第32回総会および懇親会

(東京都中野区東中野・west53rd日本閣にて)

平成18年10月12日、三笠宮崇仁殿下・百合子妃殿下ご臨席の下で開催。
出席者24名(うち正会員7名)
現在の会員数:正会員21名・準会員8名 計29名
(この1年間で正会員3名が逝去されています)

(平成18年10月12日)
殿下からのお話



殿下からのお話







(平成18年10月12日)

第31回将校団懇親会

第31回総会後の懇親会

(東京都千代田区大手町・KKRホテル東京にて)

平成17年10月22日に三笠宮殿下・妃殿下ご臨席の下で開催されました。
出席者25名(うち正会員8名)
現在の会員数は正会員24名・凖会員7名です。

(平成17年10月22日)

貴賓館

平成16年10月8日に高輪プリンスホテル貴賓館にて第30回将校団総会並びに懇親会が開催されました。


貴賓館は旧竹田宮邸で、三笠宮殿下もお若い時に訪れたことがあったそうで、「懐かしいですね」とおっしゃっておられました。



(平成16年10月8日)
総会 第30回総会

三笠宮殿下・妃殿下のご臨席を賜り開催。
総会出席者25名。(準会員・同伴者・付添い人を含む)
正会員は平成2年には78名いましたが、現在では28名。
そのうち出席される正会員は十数名です。
現在でも『将校団』の会合を続けている部隊は騎兵第15連隊ぐらいしかないだろうとのことです。

(平成16年10月8日)

三田浜楽園 平成15年10月9日に千葉県船橋市の「三田浜楽園」で将校団の総会が開催されました。

「三田浜楽園」があった辺りは昔「塩田」があったところだそうです。

三田浜塩田発祥の地

碑文
塩田発祥所在地:東葛飾郡船橋町九日市字浜田
塩田経営者:
明治13年 初代 仁礼景範翁
明治38年 2代 小川紋蔵翁
大正7年 3代 平田章千代翁
塩田面積:26町7反7畝
釜数:13釜
使用人数:男2600人 女200人
廃業:昭和4年

昭和47年4月
建立者 平田四郎 平田研吾          

第29回総会風景


騎兵第15連隊将校団・第29回総会

名誉会長の三笠宮崇仁親王殿下ならびに百合子妃殿下のご臨席をいただき開催されました。


(平成15年10月9日)
三笠宮殿下のお言葉

騎兵第15連隊将校団・第29回総会懇親会

名誉会長の三笠宮崇仁親王殿下よりお言葉をいただいて開会。

今回は、百合子妃殿下は6月に傘寿をお迎えになられ、また12月には殿下が米寿をお迎えになるため、そのお祝いも兼ねての懇親会でした。


(平成15年10月9日)

騎兵第15連隊・聯隊歌

@もののふの道習志野や
    朝日夕日に照り映えて
  伝統誇る第十五
     騎兵聯隊光輝こうきあり
A金枝玉葉閑院の
    宮の御稜威みえずを仰ぎつつ
  沙河の戦に本渓湖
     群がる敵を拂はらいけり
B奉天戦に寄与したる
    大房身の健闘も
  何れ劣らぬ勲いさおにて
     我が聯隊の栄誉ほまれぞや
C営庭の桜花
    蹄にかけて乗り馴らし
  御幸の森の秋の月
     剣つるぎに宿して魂たま磨く
D上下一心同體の
    我が聯隊に育つ身は
  智あり仁あり勇気ある
     決死を誓ふ戦友ぞ
E我が大君の御勅諭みさとし
    胸に納めつ朝夕に
  親王みこさへ仰ぐ光栄に
     思へば若き血は滾たぎ
F炎熱鉄を溶かすとも
    酷寒ハダエをつんざくも
  などかひるまん我騎兵
     我等も駒も精心あり
G大地を蹴て飛ぶ駒の上
    秋水かざして雄叫べば
  幾千萬の大敵も
     蹄の塵となりはてん
H騎兵一千大命を
    戴いただく其の日聯隊旗
  ひらめく處身は捨てん
     我等も駒ももろともに    

将校団 原作
下田皖一 作曲 


【習志野三笠会】





総会及び懇親会

(東京都中野区東中野・west53rd日本閣)



(平成22年6月10日)



三笠宮崇仁親王殿下(名誉会長)による乾杯の挨拶





(平成22年6月10日)

「騎兵第15連隊将校団会」は会員の減少により、昨年から「習志野三笠会」と合同で開催することとなりましたが、今回の総会後、最年少だった会長が急逝したため、それを機に、平成22年度をもって両会は解散することとなりました。






総会及び懇親会
(東京都中野区東中野・west53rd日本閣にて)


名誉会長の三笠宮崇仁殿下よりお言葉を賜う


(平成21年6月10日)





正会員(従軍者)による合唱





(平成21年6月10日)


 トップページに戻る   陸海軍部隊リストに戻る

SEO [PR] カード比較  冷え対策 温泉宿 動画無料レンタルサーバー SEO