北一輝 きた・いっき

明治16年(1883年)4月3日〜昭和12年(1937年)8月19日


新潟県出身。
本名は輝次郎。
明治39年(1906年)独学で『国体論及び純正社会主義』を執筆・出版。
生産手段と生産関係からではなく、明治憲法を読み解くことによって国体論から社会主義を論じた。
辛亥しんがい革命に際しては、中国革命同盟会・黒竜会にあって宋教仁そうきょうじんを支援。
『支那革命党及革命之支那』(のち『支那革命外史』)を執筆。
中国の排日運動が激化すると日本国内の改革優先を痛感し、皇道派青年将校に多大な影響を与える『国家改造案原理大綱』(のち加筆され『日本改造法案大綱』)を執筆した。
大正9年(1920年)猶存社に参加。
宮中某重大事件など天皇をめぐる諸事件に関与。
満州事変後は陸軍内部の派閥抗争にも深入りし、昭和11年(1936年)の2・26事件では直接関与しなかったが、民間側の中心人物として死刑となった。


北一輝先生碑



北一輝先生碑
(東京都目黒区・目黒不動尊)





(平成20年9月15日)

北一輝先生

この碑は北一輝先生の顕彰碑で大川周明氏の文によるものです。
先生は明治16年、佐渡ヶ島に生れた憂国の士で、大正デモクラシーの時代中国に渡り、中国革命を援助し又日本改造論を叫び、国家主義の頭目として、特に陸軍の青年将校を刺戟し多くの信奉者を得た。
時適々満州事変前後より先生の思想はファシスト化し、遂に2・26事件を惹起する要因になった。
勿論直接行動には参加しなかったが、首謀者として昭和12年銃殺刑に処せられた。
然し先生の生涯をさゝえたものは奇くも法華経の信仰であったことは有名である。
毎年8月19日の祥月命日には今も尚全国の有志が追悼法要を厳修している。

当山

(説明板より)

目黒不動尊



目黒不動尊
(東京都目黒区下目黒3−20−26)





(平成20年9月15日)

目黒不動
下目黒3−20−26

天台宗で泰叡山たいえいざん竜泉寺りゅうせんじといい、大同3年(808)に慈覚大師じかくだいしが開創したといわれています。
徳川3代将軍家光いえみつが堂塔伽藍どうとうがらんを造営し、それ以来幕府の保護があつく、江戸近郊におけるもっとも有名な参拝行楽の場所となって、明治まで繁栄をきわめました。
境内は台地の突端とったんにあり、水が湧き老樹が茂り、独鈷どっこの滝や庭の池が美しく、庶民の信仰といこいの場所でした。
壮麗をきわめた古い建物は、戦災で大半が焼失しましたが、本堂、仁王門におうもん、書院、鐘楼しょうろうなどの再建が着々と進められ、「前不動堂まえふどうどう」(都指定文化財)、「勢至堂せいしどう」(区指定文化財)は、江戸時代の仏堂建築としての面影を残しています。
また、境内には「銅像役えんの行者ぎょうじゃ倚像いぞう」「銅像大日如来だいにちにょらい坐像ざぞう」(区指定文化財)があります。
裏山一帯は、縄文時代から弥生時代までの遺跡として知られ、墓地には青木昆陽あおきこんようの墓(国の史跡)があります。

昭和61年3月
東京都目黒区教育委員会

(説明板より)


【北一輝】

北一輝が青年将校たちに強い精神的影響を与えていたことはよく知られており、安藤大尉らとは事件中も電話連絡をとっていた。
その事件中に北は反乱軍の黒幕として憲兵隊に逮捕された。
中国革命を支援し、辛亥しんがい革命に参加したが、大正4年『支那革命外史』を執筆、翌5年再び中国に渡って8年まで滞在。
その間『日本改造法案大綱』を執筆、国家改造を対外発展の前提とし、天皇を号令者とするクーデター論など、社会主義的内容をも含む主張が、青年将校たちに影響を与えた。
昭和6年ごろには、北はすでに右翼の大物、青年将校運動の黒幕と目されていて、北から情報を得ようとする三井の池田成彬らが巨額の生活費を贈るようになっていた。

北は2・26事件の計画・実行には何ら加わっていなかった。
論告求刑の法廷で、「私は今度の事件を計画したり指導したりしたことは断じてありません。しかし私の書きました『日本改造法案大綱』の影響で青年将校らが起ちあがったということでありますが、それには重大な責任を感ぜずにはおられません。かれらはすでに処刑されてしまいました。こうなった上からは、私も決して生きながらえようとは思いません。どうかこの先の判決においても、刑を負けないでバッサリやっていただきたい」と言い放った(田々宮英太郎、『ニ・二六叛乱』)。
2・26事件は弁護人のつかない一審のみの軍事裁判であった。
昭和12年8月14日、北は軍法会議で死刑の判決を受け、同19日銃殺された。

(参考:渡邊行男 著 『中野正剛 自決の謎』 葦書房 1996年初版)

(平成29年1月31日 追記)


【2・26事件後】

(東京陸軍刑務所長・塚本譲吉の談)

北輝次郎に判決に対する所感を聞いてみた。
「判決は有罪であろうが無罪であろうが、そんなことは考えていません。ただ私の著書日本改造法案大綱を愛読信奉したのが遠因で、青年将校らが蹶起したとしたら、私は責任上当然彼らに殉ずる覚悟でいました。私に対する判決などどうでもよいのです。死は二つありません。」
この覚悟のほどは、全く見上げたものである。
この度胸と覚悟があってこそ、死の直前の挙措、動止がうなずける。

実弟北玲吉氏が「兄は泰然というより淡然として刑死したことは、当時の目撃者の語るところである」と書いている。
現に執行した私は、淡然というよりももっと安易な心境で刑に服したことを知る。
平然か澄然か、何と言ったらよいか表現に苦しむほどの気楽な態度であった。

北の銃殺の時、銃声と殆ど同時に「惜しい人を殺した」と全場一語も洩れない緊張した黙々の間に、この一語が入場許可者の中から、嘆声交じりに漏れたのが聞こえた。
私は振り返って見たが、それが誰であったか分からなかった。
が、この独語者のみならず、在場した多くの者は、この独語に同感を持ったことであろう。

【刑架前の発言】

(判決言い渡しの際の北一輝の発言)
「大変お世話になりました。感謝の外はありません。所長殿より皆様によろしく申して下さい。地方などと比較し、全く貴族的のお取り扱いを受けたことは忘れることはできません」

(刑架前に着座した時の北一輝の発言)
「座るのですか、これは結構ですね。耶蘇や佐倉宗吾のように立ってやるのはいけませんね」

(参考・引用:猪瀬直樹 監修 『目撃者が語る昭和史 第4巻 2・26事件』 新人物往来社 1989年第一刷発行)

(平成24年10月7日追記)




 トップページに戻る   人物と史跡のリストに戻る

SEO [PR] カード比較  冷え対策 温泉宿 動画無料レンタルサーバー SEO