小倉城 こくらじょう

(別称:勝山城・勝野城・指月城)

北九州市小倉北区城内2−1


小倉城の説明板より

細川忠興は、慶長5年(1600年)関ヶ原合戦の功により、豊前国全域と豊後国二郡を領する三十万石(検地高三十九万九千石)の大名として入国、中津城に在城した。
居城を小倉に移すため慶長7年これまでの小倉の城を廃して新しく築城をはじめ、その年の11月、小倉城へ移った。
城の中心は、天守閣のある本丸と松ノ丸、北ノ丸で、これを囲むようにして二ノ丸、三ノ丸を配した。
天守閣の外観は五重、内部は六層(現天守閣は、四重五層)である。
これは、五重目の内部が上下二段に分かれているためで、五重目の下段までは、白壁が塗りこまれ、上段は黒塗りで張り出しになっている。
また天守閣の屋根には、破風はふがなく、当時この天守閣は、唐作りからづくりと称されていた。
城のすぐ東を流れる紫川を天然の濠とし、この川をはさんで東西に曲輪くるわを設け、城下町をつくった。
城郭の総構えは、約8キロメートルにもおよび、これを濠で囲み、街道に通じる八ヶ所の門を設けた。
寛永9年(1632年)細川氏は、肥後国移り、替わって播磨国明石城主であった譜代大名の小笠原忠真ただざねが小倉城に入り、十五万石を領した。
第二次長州征討戦の慶応2年(1866年)8月1日、小倉藩は、田川郡に撤退する際、小倉城に火を放ち、城内の建物は、ことごとく灰じんに帰した。
なお、天守閣は、天保8年(1837年)の火災で焼失、以降再建はされなかった。
現在の天守閣は、昭和34年鉄筋コンクリートで、再建されたものである。

(北九州市教育委員会)


忠興が築いた天守閣は南蛮造り(唐作り)と呼ばれ、この工事には外人宣教師の持つ土木技術を導入し、ローマ法王庁にもその存在を知られていたといいます。
城の石垣は主として足立山の自然石で、切り石を使わない野面のづら積みです。
明治10年の西南戦争には小倉城内に駐屯していた歩兵第14連隊が、乃木将軍に率いられ出征しました。
その後、歩兵第12旅団、第12師団司令部が城内に置かれました。
城内には第12師団司令部の正門が残っています。
また、城内には4年式15センチ榴弾砲が展示されています。
太平洋戦争後は米軍に接収されましたが、1957年に解除されました。


小倉城天守閣

最上段が黒塗りで、張り出しているのが特徴です。

小倉城

見る角度によってイメージがずいぶん違います。

小倉城

昭和34年に鉄筋コンクリートで復興されました。

小倉城天守閣




記録には見られなかった破風を付けて復興されました。
本当は層塔[そうとう]型の天守なんですけどね。




(平成12年5月3日)


小倉城天守閣・館内
1階:「歴史ゾーン」城下町・小倉の歴史や文化、藩主に関する資料を展示
2階:「城内体験ゾーン」島原の乱出陣前夜の会議風景をリアルなからくり人形で再現
3階:「映像体験ゾーン」
4階:「企画展示ゾーン」
5階:「展望ゾーン」


小倉城・隣接施設
小倉城庭園=小倉城主・小笠原氏の下屋敷跡に江戸期の大名屋敷を再現
松本清張記念館=北九州市出身の松本清張氏の創作活動を展示・紹介


「小倉城」「松本清張記念館」「小倉城庭園」3施設共通入場券
一般700円  中高生400円  小学生250円
(平成12年現在)


小倉藩史余滴
米津三郎 著  海鳥社  1995年第1刷発行  3,500円  
(藩政時代の制度と社会、生活・事件、伝承と祭り、人物群像、明治期の小倉・北九州)


 トップに戻る   お城のリストに戻る

SEO [PR] カード比較  冷え対策 温泉宿 動画無料レンタルサーバー SEO