工兵第8連隊

(通称号:杉4748部隊)

編成地 編成時期 終戦時の上級部隊 終戦時の所在地
仙台 明治29年(工兵大隊)
昭和11年(連隊に改称)
第8師団 トラック島及び
フィリピン・ルソン島

明治29年、宮城県仙台の工兵第2大隊内で編成。
明治31年、弘前の新兵舎へ移転。
明治41年、盛岡へ転営。
日露戦争に第3師団指揮下で参加。
第1中隊は第3軍に派遣され、203高地などの激戦に参加。
旅順攻略後、第1中隊は連隊に復帰。
以後、黒溝台会戦、奉天会戦に参加。

明治45年4月から朝鮮駐留(連隊主力=会寧、1個中隊=竜山)
大正3年4月、盛岡に帰還。
シベリア出兵(シコトウオに駐留)
大正12年、1個中隊(156名)をサガレン州に派遣。

満州事変では熱河省での作戦に従事。
昭和9年3月、内地帰還。
昭和11年11月、満洲移駐。
昭和13年、ソ満国境での張鼓峯事件による越境ソ連軍との戦闘に参加。
日米開戦後も満洲に駐留。
昭和19年、第3中隊をトラック島に派遣。(後に独立混成第11連隊となる)第3中隊はトラック島で終戦を迎える。
同年、連隊主力は第8師団の各歩兵部隊に配属されフィリピンへ向かうが、その後の詳細は不明。


工兵第8連隊戦没者慰霊の碑


工兵第8連隊
戦没者慰霊之碑

(フィリピン共和国ルソン島バグサンハン・比島寺)

昭和60年10月 八戸市 上野力之書 65才



(平成18年11月2日)
比島寺



比島寺

(フィリピン共和国ルソン島・バグサンハン)


旅日記参照)


(平成18年11月2日)

工兵第8連隊歴代連隊長



工兵第8連隊歴代連隊長
(岩手県盛岡市・岩手護国神社





(平成21年11月4日)
初代 少佐 石川潔太 
明治30.10.11〜30.11.21

2代 少佐 山口謄一郎 
明治30.11.21〜31.7.4

3代 少佐 中島久敬 
明治31.7.4〜32.10.28

4代 中佐 牧野清人 
明治32.10.28〜34.9.26
5代 大佐 太田正徳 
明治34.9.26〜36.7.7

6代 大佐 斉藤政美 
明治36.7.7〜36.9.23

7代 中佐 岡田直方 
明治26.9.23〜40.10.22

8代 中佐 杉山茂治 
明治40.10.22〜大正2.3.31
8代 中佐 杉山茂治 
明治40.10.22〜大正2.3.31

9代 少佐 渡辺安治
大正2.3.31〜3.8.10

10代 大佐 長岡清三郎
大正3.8.10〜10.2.12

11代 大佐 堀田正一
大正10.2.12〜10.7.22
12代 大佐 西島秀輔
大正10.7.22〜12.8.16

13代 大佐 小野沢精平
大正12.8.16〜14.5.1

14代 大佐 山浦 弘
大正14.5.1〜昭和3.3.8

15代 大佐 上原建市
昭和3.3.8〜7.8.1
16代 大佐 竹市博介
昭和7.8.1〜10.8.1

17代 大佐 高橋通孝
昭和10.8.1〜12.3.1

18代 大佐 川原 ア
昭和12.3.1〜13.7.15

19代 大佐 風早 清
昭和13.7.15〜15.8.1
19代 大佐 風早 清
昭和13.7.15〜15.8.1

20代 中佐 石塚義治
昭和15.8.1〜17.12.1

21代 大佐 小原 武
昭和17.12.1〜20.8.15

 (関連商品のご紹介)



 トップページに戻る   陸海軍部隊のリストに戻る

SEO [PR] カード比較  冷え対策 温泉宿 動画無料レンタルサーバー SEO