黒田清隆像平成22年5月26日

黒田清隆 くろだ・きよたか

天保11年10月16日(1840年11月9日)〜明治33年(1900年)8月23日

北海道札幌市・大通公園でお会いしました。


尊皇攘夷運動に携わり、戊辰戦争では追討参謀として活躍。
五稜郭開城に際しては榎本武揚を助命した。
明治維新後、開拓次官、のちに参議兼開拓長官として北海道開発に尽力。
樺太・千島交換条約の実現や西南戦争でも尽力した。
大久保利通の死後は薩摩閥の長老として、北海道の官有物払い下げ中止に反対して明治14年の政変で辞任。
第一次伊藤博文内閣で農商務相。
明治21年(1888年)には首相となり、憲法発布の際に超然主義の演説を行なった。
大隈重信外相と条約改正を試みたが失敗。
首相辞任後は元老として活動。
第二次伊藤内閣の逓信相、枢密院議長などを務めた。


黒田清隆の像




黒田清隆之像
(札幌市・大通公園・西10丁目)





(平成22年5月26日)

【碑文】

黒田清隆は鹿児島県の人。
明治3年開拓次官、のち開拓長官に任ぜられ、北海道開拓の大任にあたった。
清隆はその性、明察果断にして、開拓の知識を先進国に学ぶ必要を痛感し、自ら海外におもむき知見を広めるとともに、ホーレス・ケプロンをはじめ、多数の外国人技師を招き、その進言を入れ、着々開拓の巨歩を進めた。
北海道開発の基礎は、まさに清隆の卓見により確立したものというべく、その勲業まことに偉大である。
ここに北海道百年を迎えるにあたり、その偉業を回顧し、功績を永く後代に伝えるため、この像を建立する。

昭和42年10月
北海道開拓功労者顕彰像建立期成会
会長 ■■■一


【酒乱】

黒田は薩摩出身でありながら、西南戦争では西郷隆盛を征伐する羽目となり、心がすさんでいた。
大久保利通が明治11年(1878)に暗殺されてからは、西郷従道と薩閥の双璧をなしていたが、長州が政治の実権を握ったこともあって、酒乱に拍車がかかっていた。
それをなだめるのが西郷従道の役目でもあった。

(参考:松田十刻 著 『斎藤實伝 「ニ・二六事件」で暗殺された提督の真実』 元就出版社 2008年第1刷)

(平成29年2月5日 追記)




 トップページに戻る   銅像のリストに戻る

SEO [PR] カード比較  冷え対策 温泉宿 動画無料レンタルサーバー SEO