天草四郎像

益田時貞 ますだときさだ   

元和7年(1621年)/元和9年(1623年)(?)〜寛永15年2月28日(1638年4月12日)

長崎県島原市 島原城内でお会いしました。


益田時貞は関ヶ原の合戦の後に帰農していた小西行長の遺臣・益田甚兵衛の子です。
「天草四郎」という名で有名です。
「でいうすの再誕」と言われ、象徴的な存在として一揆を指導しました。
初めは天草富岡城を攻め、後に島原・天草の一揆勢を統合して原城に籠城しますが、幕府軍の攻撃により3万7000人のキリシタン民衆とともに討死しました。


島原城天守閣に「島原の乱」の資料の展示があります。


【天草四郎時貞】

時貞はもと長崎に出て、支那人の手品師の小僧に入っていたが、「この小僧、後にはどえらいことを仕出かす奴だ」と、さすがの支那人が怖気をふるって、暇を出している。
それで故郷の天草へ帰ると、覚え込んだ支那奇術で、手の上で雀に卵を産ませたり、枯れ木に花を咲かせたりして、大いに農民をまどわすとともに、天主教(ローマ・カトリック教)が根深くしみ渡っているのに目を留め、自分こそキリストの生まれ変わりのようなことを言って、ついにあの天草島原騒動をひき起こした。

(参考:木村 毅 著 『布引丸ーフィリピン独立軍秘話』 1981年9月発行 第1版第1刷 恒文社)

(平成28年12月6日)




 トップページに戻る   銅像のリストに戻る

SEO [PR] カード比較  冷え対策 温泉宿 動画無料レンタルサーバー SEO