村上義一像 平成18年4月8日

村上義一 むらかみ・ぎいち

明治18年(1885年)11月10日〜昭和49年(1974年)1月20日

滋賀県長浜市・豊公園(長浜城)でお会いしました。


明治45年(1912年)東大法学部卒業後、鉄道院に入り、その後、神戸・大阪の鉄道局長を歴任。
昭和5年(1930年)7月、南満州鉄道株式会社理事に就任。
昭和21年(1946年)1月〜5月、幣原内閣の運輸大臣。
昭和26年(1951年)12月〜昭和27年(1952年)10月、第三次吉田茂内閣の運輸大臣。
戦前は国際通運(株)副社長、日本通運(株)副社長・社長を務め、戦後は近畿日本鉄道(株)社長、経団連顧問、日本民営鉄道協会顧問、日本交通公社会長を歴任。
昭和39年(1964年)勲一等瑞宝章授章。


村上義一先生像



村上義一先生像
(滋賀県長浜市・長浜城豊公園)





(平成18年4月8日)

村上義一先生事蹟

村上義一先生ハ明治18年11月10日滋賀県東淺井郡虎姫町酢ニ生シ 明治45年東京帝国大学卒業ト同時ニ鉄道院書記ニ任官 累進シテ神戸 大阪両鉄道局長ヲ歴任 官途ヲ退イテ後 南満州鉄道理事 日本通運 近畿日本鉄道 日本交通公社等各会社ノ社長 会長ニ就任 終始吾ガ国交通運輸ノ要職ニ携ワル 此ノ間昭和22年戦後第一回ノ国会議員選挙ニ當リ郷党ノ■大ナル信任ヲ得テ参議員議員ニ当選 尓来昭和40年マデ連続三期18年在職 国権ノ最高機関タル国会ノ枢機ニ加ワリ 再度運輸大臣トシ台閣ニ列ス
斯テ先生ノ官界財界政界ニオケル英邁ナル識見 高潔ナル人格 更ニ深厚ナル徳行トハ毎ニ最高ノ指導者トシテ一代ノ人傑ト言ウヨリ寧ロ一世ノ師表トシテ曩ニ勲一等瑞宝章受領ノ栄誉ヲ擔イ 現ニ八十余歳 矍鑠トシテ郷土ノ為邦家ノ為盡瘁サレツツアルハ吾等ノ斉シク感銘シ且感謝スルトコロデアル
仍テ茲ニ先生ノ高徳ヲ仰ギ功績ヲ讃エ以テ之ヲ後昆ニ傳ウベク茲琵琶湖畔ノ勝地ヲ選ビ 頌徳ノ像ヲ建立スルモノデアル
右 建立ノ概要ヲ識ス
昭和45年■月9日  村上義一先生銅像建設委員会
中川清 制作
三原■■書

(碑文より)

※ ■は判読できなかった文字です。
※ 誤記(参議員議員)はそのままとしました。
※ 判読しづらい文字はある程度想像して記載しましたので、正確性に欠ける点があるかもしれません。


 トップページに戻る   銅像のリストに戻る

SEO [PR] カード比較  冷え対策 温泉宿 動画無料レンタルサーバー SEO