中村彝像 平成18年8月3日

中村彝 なかむら・つね

明治20年(1887年)7月3日〜昭和10年(1935年)10月17日

茨城県水戸市千波町・県民文化センター前でお会いしました。


茨城県出身。
明治39年(1906年)白馬会絵画研究所で黒田清輝、翌年太平洋画会で中村不折・満谷みつたに国四郎に師事。
中村悌二郎ていじろうと親交を結ぶ。
荻原守衛もりえの感化を受け、レンブラント、ルノワール、セザンヌらの影響を受けた。
新宿中村屋の相馬家の庇護の下、文展・帝展で活躍。


中村彝像



中村彝像
(茨城県水戸市千波町・県民文化センター前)





(平成18年8月3日)

わが国近代美術史上に 燦然と輝かしい足跡を残した中村彝は 明治20年水戸に生まれ12歳にして父母を失い 軍人を志望して名古屋幼年学校に入学したが 病のため中退
19歳の時療養と同時に洋画に志し 白馬會太平洋画会両研究所にて基礎技術を学び 明治42年第3回帝展に油絵2点を出品して以来 毎回若き中村彝の芸術は常に注目・敬愛の対象となり 確固不動の存在となった
不治の病躯をいたわりつつ■■■真実を求めて精進し その透徹した英知と崇高な精神 思想 しかも美しい愛情をもって貫いた芸術生活 孤独と貧困の中に幾多の名作を残し37歳の生涯を閉じたが いまなお彼の画業に芸術の無限感を示し 多くの人に深い感銘を与えている
墓所は 水戸祇園寺にあり

昭和43年7月■日 中村會

(副碑・碑文より)

※ ■は判読不明文字


生い立ち

彝は5人兄弟の末っ子で、父は旧水戸藩士。
幼い頃から絵ごころがあったといわれています。
17歳で名古屋陸軍幼年学校を卒業しますが、この時、結核にかかり軍人になることを断念します。

画家としての出発

病におかされた彝は、暖かな千葉の海岸地に、転地療養を繰り返し、回復のきざしをつかみます。
房州白浜に出かけ写生をして過ごす一方、白馬会研究所や太平洋画会研究所に通い本格的に絵に取り組みました。
そこで中原悌二郎や鶴田吾郎らの画友を得ます。

中村屋サロン

明治40年(1907)に新宿駅前に開店したパン屋「中村屋」は文化人が集うサロンの役割を果たしていました。
相馬愛蔵、黒光夫妻の経営する中村屋には、愛蔵と同郷の彫刻家荻原守衛の他、戸張孤雁、高村光太郎らが集い、美術や演劇の交流の場として、独特の賑わいをみせました。
彝は愛蔵、黒光夫妻の好意で中村屋裏の木造アトリエを借りて住み、そこで制作するようになります。

恋愛と伊豆大島への旅立ち

彝は、素朴で開放的な丸顔の健康美に満ちた中村屋の長女俊子をモデルに多数制作をしています。
やがて、彝は俊子に恋をしますが、その恋愛はこじれ、精神的な動揺と激しい葛藤に悩まされます。
大正3年(1914)12月、俊子との愛に悩みつつ、伊豆大島へと旅立つことになります。

アトリエの彝

大正5年(1916)、現在の東京都新宿区下落合に建てられたアトリエが、画家後半期の制作活動の舞台となります。
彼は、短い画業にもかかわらず、レンブラント、セザンヌ、ルノワールなどの影響を受けつつ、西洋絵画を咀嚼そしゃくしながら、真の芸術を求め続け、「エロシェンコ氏の像」(重要文化財)、「頭蓋骨を持てる自画像」など数々の傑作を残しました。

(茨城県近代美術館のパンフレットより)


中村彝君墓



中村彝君墓
(茨城県水戸市八幡町・祇園寺)





(平成20年6月30日)
祇園寺


祇園寺
(茨城県水戸市八幡町11−69)

開山は明の僧・心越禅師
開基は徳川光圀



(平成20年6月30日)

 (関連商品のご紹介)



 トップページに戻る   銅像のリストに戻る

SEO [PR] カード比較  冷え対策 温泉宿 動画無料レンタルサーバー SEO