西村直己像 平成18年4月13日

西村直己 にしむら・なおみ

明治38年(1905年)10月8日〜昭和55年(1980年)

静岡県静岡市・静岡県護国神社でお会いしました。


西村直己



西村直己先生顕彰像

静岡県護国神社





(平成18年4月13日)

明治38年10月8日東京に生まる
天稟の資質に恵まれ東京帝国大学卒業後官界に入る
終戦時鈴木貫太郎総理秘書官
戦後吉田茂総理主席秘書官を勤め国存亡の激動期に国政に盡瘁す
昭和24年1月静岡県第1区より衆議院議員に初当選
爾来連続10期28年に亘り国地方の発展に盡す
この間農林防衛の各大臣自由民主党政調会長等を歴任
特に戦歿者遺家族の援護等その功は枚挙に遑なし
清廉高邁な人格を賛仰し郷党追慕の至情を此処に表す

昭和58年7月28日
福田赳夫 撰
荻野準平 書

(碑文より)

第2次池田勇人内閣(1960年12月8日) 防衛庁長官
第2次佐藤栄作第1次改造内閣
(1967年11月25日〜1968年11月30日)
農林大臣(1968年2月23日補任)
前任者の引責辞任による補任
第3次佐藤栄作改造内閣
(1971年7月5日〜1972年7月7日)
防衛庁長官(1971年8月2日補任・12月2日辞任)
前任者の自衛隊機雫石事故の引責辞任による補任
のち、「国連は田舎の信用組合」の発言が国連軽視と
問題視され引責辞任

 トップページに戻る   銅像のリストに戻る

SEO [PR] カード比較  冷え対策 温泉宿 動画無料レンタルサーバー SEO