日弁 にちべん

延応元年(1239年)〜応長元年(1311年)6月26日


日弁の墓



日弁の墓
(茨城県高萩市赤浜・高萩清松高校近く)





(平成19年9月11日)
日弁の墓



日弁の墓
(茨城県高萩市・高萩清松高校近く)





(平成19年9月11日)

中老越後阿闍梨日弁聖人

聖人は、もと天台の学僧にして、日蓮大聖人身延山在■中、その教化に浴せる高弟なり。
法華経弘通の大願やみ難く、夙に日本北辺の開教を志し、冨士山麓を後に、静岡、神奈川を■て千葉に入る、更に茨城、福島、宮城各県に亘り宣教、多くの寺院を開創す。
宮城県角田市佐倉に至り、説法中、暴徒の凶刃に遭い殉教さる。
随行の弟子2人、信徒4人等、急ぎ遺体を擔い、敵地を逃れ、当地に到着するや、柩動かず、よって荼毘に付し、この地に埋葬すと。
時に応長元年(西暦1311年)6月26日午の刻、御歳73才(妙法寺過去帳による)
嗚呼、死身弘法の法将、教団史上一大光彩を放つ俊傑たり。
因みに現地は当時の法華三昧堂(旧妙法寺)跡にして、聖人が数年に及び止住し、四方に正法を宣布せる畄魂の霊地なり。
南無妙法蓮華経

(碑文より)



 トップページに戻る   人物と史跡のリストに戻る

SEO [PR] カード比較  冷え対策 温泉宿 動画無料レンタルサーバー SEO