野口雨情像 平成15年7月6日

野口雨情 のぐち・うじょう

明治15年(1882年)5月29日〜昭和20年(1945年)1月27日

茨城県北茨城市 北茨城歴史民族資料館(野口雨情記念館)でお会いしました。


本名は野口英吉えいきち
東京専門学校を中退し、北海道に渡り新聞社を転々としました。
「下総のお吉」が好評を博し、詩壇へ復帰しました。
北原白秋・西条八十とともに童謡の近代化に貢献しました。
代表作「十五夜お月さん」「七つの子」「青い目の人形」「船頭小唄」(1921)が中山晋平の作曲で映画主題歌となり、また「波浮の港」がレコード化されて、歌謡界・童謡界で作詞第一人者となりました。


野口雨情が生きた時代

時代 西暦 和暦 年齢 年譜 歴史的出来事
明治 1882 明治15  1歳 父量平、母てる、の長男として生れる  
1894    27 12歳   日清戦争始まる
1896    29 14歳   常磐線水戸〜上野間開通
1897    30 15歳 上京。 常磐線水戸〜平間開通
1901    34 19歳 東京専門学校(早稲田大学)  
1902    35 20歳 学校中退 詩作を始める。  
1904    37 22歳 高塩ひろと結婚 日露戦争始まる
1906    39 24歳 樺太に渡る。  
1907    40 25歳 北海道に渡り新聞社に勤める  
1909    42 27歳 北海道から帰郷、ただちに上京する。  
1911    44 29歳 郷里に帰り植林事業・山林管理に携わる  
大正 1914 大正 3 32歳   第一次世界大戦
1915     4 33歳 妻ひろと協議離婚  
1918     7 36歳 中里つると結婚 シベリア出兵、米騒動
1919     8 37歳 「船頭小唄」を作詞  
1921    10 39歳 「十五夜お月さん」を作詞  
1923    12 41歳   関東大震災
1924    13 42歳 朝鮮旅行  
1925    14 43歳 「日本作歌協会」を設立  
1926    15 44歳 9月〜10月満洲旅行 金融恐慌
昭和 1927 昭和 2 45歳 台湾旅行  
1928     3 46歳 文部省仏教音楽会評議員  
1929     4 47歳   世界恐慌
1931     6 49歳   満洲事変
1932     7 50歳   上海事変、5・15事件
1934     9 52歳 満鉄の招聘で中国へ行く  
1935    10 53歳 日本民謡協会を再興、理事長になる。  
1936    11 54歳 2・26事件
1937    12 55歳 朝鮮旅行 日中戦争開始
1939    14 57歳 台湾を巡歴 ノモンハン事件
1940    15 58歳 北海道を巡歴 日独伊三国同盟
1941    16 59歳 熊本県各地を旅行 大東亜戦争開戦
1942    17 60歳 長崎県方面を旅行 ミッドウェー海戦
1943    18 61歳 山陰地方、四国地方を旅行 山本五十六戦死
1944    19 62歳 宇都宮市外に疎開、病気療養に専念 サイパン島陥落
1945    20 63歳 永眠 敗戦

野口雨情記念館 北茨城市歴史民族資料館
(野口雨情記念館)


北茨城市磯原町磯原130−1

開館時間:午前9時〜午後4時30分
休館日:月曜日、年末年始
入館料:一般(大人)300円、児童・生徒・学生100円

(平成15年7月6日訪問)

雨情記念館銅像建立記念顕彰碑・碑文

ここは雨情生家に程近く
見えはしないが見えたなら あれはアメリカ合衆国と謳いし歌境そのままの処 待望久しかった雨情記念館が まさに最適の用地に恵まれ 昭和55年5月21日に竣工した
次いで翌昭和56年5月24日 北茨城市制施行25周年記念雨情生誕100年祭を機会に 詩作に耽る在りし日の雨情銅像除幕の式を行った
記念館の建設はもとより これに収蔵する文物 さらには銅像の建立など 実に多くの人々の御協賛をいただいた 思うにこのような善意の御協力なしには すべてのことが成就できなかったに違いない
即ち 敷地3,136.52平方メートル(約934坪)は いわき市平字白銀町5番の9 安嶋二郎氏が 全くの無償をもって御寄附下された土地である 氏は雨情先生が竹馬の友 安嶋 誠氏の御遺族であり 故人もさぞ喜ぶであろうとの御厚意はまことに有難く 唯々感銘深く想うところである
収蔵の文物は 雨情先生の遺品 遺墨をはじめとし 先生にゆかりのある人々の書画 写真の類であり その数210余点(昭和56年5月現在)は いずれも無償をもって寄贈もしくは寄託されたものである
ここにもまた 雨情先生を慕う人々の御芳情に深謝しなければならない
銅像は 滋賀県甲賀郡水口大字宇川□□37番の1に住まわれる新進著名な彫刻家 西森方□氏の作である 氏はかねてから雨情先生に関心を寄せられ製作に当たっては ひたすら献身的に情熱を傾け尽くされた
また 銅像の建立ならびに周辺の緑化造園のために寄せられた浄財は 合計204名による 1,400万7,000円の多額に及ぶもので これなしには この事業の達成は有り得なかったと言っても過言ではない
ここに 大方の善意と御協力に対し深甚なる敬意をしるすものである

昭和56年5月吉日


野口雨情の生家 野口雨情の生家

北茨城市磯原町磯原73番地

見学無料

野口雨情生家

野口雨情(本名・英吉)は、明治15年5月29日、父量平の長男としてこの家に生れました。
野口家はかつて水戸藩の郷士であり、水戸光國より観海亭と名づけられました。
昭和42年3月24日茨城県史跡文化財として指定されております。
家族の方が生活されておりますから次のことに注意して参観してください。

参観できる時間
午前10時〜午後3時
庭木、建物等に手をふれないで下さい。
家族の方に迷惑のかからないよう参観してください。

北茨城市教育委員会

(説明板より)

野口雨情像 平成18年11月10日

茨城県・北茨城市市役所でお会いしました。

野口雨情像


北茨城市名誉市民

野口雨情氏
(茨城県北茨城市・市役所)





(平成18年11月10日)

野口雨情氏(明治15年5月29日生〜昭和20年1月27日没)

茨城県多賀郡北中郷村磯原(現北茨城市磯原町磯原)に生まれ、本名は英吉といい、64歳の生涯中数多くの作品、評論等文学的に価値の高いものを残している。
雨情の作品は、独特の感性を持ち、平明、簡潔な言葉で、ありのままの純真、素朴な人情や自然の姿を愛深く詩情豊かにうたい上げている。
本市の文化振興に大きく貢献した功績により平成3年12月6日、北茨城市名誉市民に推挙された。
(主な著名作品)
シャボン玉、黄金むし、紅屋の娘、兎のダンス、雨降りお月さん、あの町この町、船頭小唄、波浮の港、七つの子、赤い靴、青い目の人形、磯原節、磯原小唄等々。

北茨城市制35周年記念事業
北茨城市名誉市民胸像建設実行委員会
平成4年3月吉日

(碑文より)

北茨城市役所




北茨城市役所






(平成18年11月10日)

野口雨情



野口雨情

(常盤自動車道中郷サービスエリア下り線の公園にある説明板より)





(平成18年11月10日)

童謡詩人
野口雨情

あなたは野口雨情をご存知ですか。
雨情(明治15年〜昭和20年)は、北原白秋、西条八十さいじょうやそと共に日本三大童謡詩人に並び称されています。
豊かな童心を核とし、素朴な香りをまとったその作品は、いつもやさしく私たちの心になじみます。
「赤い靴」「雨降りお月さん」「あの町この町」「青い目の人形」「しゃぼん玉」「蜀黍もろこし畑」など、あなたもきっと口づさんだことでしょう。
脈々と愛唱されている雨情の歌は、不思議なほど日本的情景を、メロディの向こうに呼び起こしてくれます。
心乾いた現代にさえ・・・・・。
ここ北茨城市は雨情の故郷です。
この公園に散在する雨情の詩碑は、地元にゆかりのある人々の手で心をこめて揮毫きごうされたものです。
一つ一つが個性的表現で、作品の内容はもちろん、愛されている雨情の一端を味わっていただけることでしょう。
そして雨情が仰いだ空、目にした緑、頬に届いた風を足をとめてあなたも感じてみてください。
そんな喜びの小道が、今、ここから始まるのです。(桂木なおこ)

(常盤自動車道・中郷サービスエリア下り線の公園内の説明板より)

詩 碑
青い目の人形 赤い靴 蜀黍畑
しゃぼん玉 雨降りお月さん あの町この町

野口雨情著名作品

十五夜お月さん
十五夜お月さん 御機嫌さん 婆やは お暇とりました
大正9年9月「金の船」
作曲 本居長世

七つの子
烏 なぜ啼くの 烏は山に 可愛い七つの 子があるからよ
大正10年7月「金の船」
作曲 本居長世

赤い靴
赤い靴 はいてた 女の子 異人さんに つれられて 行っちゃった
大正10年12月
作曲 本居長世

青い目の人形
青い目をした お人形は アメリカ生れの セルロイド
大正10年12月「金の船」
作曲 本居長世

シャボン玉
シャボン玉 飛んだ 屋根まで飛んだ 屋根まで飛んで こはれて消えた
大正11年11月「金の塔」
作曲 中山晋平

雨ふりお月さん
雨降りお月さん 雲の蔭 お嫁にゆくときゃ 誰とゆく ひとりで傘 さしてゆく
大正14年1月「コドモノクニ」
作曲 中山晋平

波浮の港
磯の鵜の鳥ヤ 日暮れに帰る 波浮はぶの港にゃ 夕焼け小焼け 明日あすの日和ひよりは ヤレ ホンニサ 凪なぎるやら
大正13年6月「婦人世界」
作曲 中山晋平

船頭小唄
おれは河原の 枯れすすき 同じお前も 枯れすすき どうせ二人は この世では 花の咲かない 枯れすすき
大正10年3月「新作小唄13」
作曲 中山晋平


歌碑



『磯原小唄』歌碑

(茨城県北茨城市・二つ島近くの国道6号線沿い海岸)





(平成18年9月28日)

磯原小唄

野口雨情 詩
篠井清水 曲

二ツ島でも 世間を
世間をかねて テモヤレコラサ
顔を見合せ朝夕に
はなればなれに チョイト 暮らすもの

碑文(裏)

天妃山から東を
東を見ればテモヤレコラサ
見えはしないが見えたなら
あれはアメリカ
チョイト合衆国

磯原小唄は郷土磯原を愛し 唄の聖と仰がれる野口雨情の詩である
書は恩師雨情を思慕して忌辰墓参を怠らず 常陸磯原を第二の故郷とされ 千石舟船の味覚とともに この景観をこよなく賞翫する塩原温泉の泉漾太郎先生である
千石船が創業15周年記念に建立した 二つ島にゆかりの磯原小唄詩碑である

昭和63年4月吉日
撰文 磯原雨情会長 杉月時雄
建碑 株式会社千石船
施工 磯原町 東小川石材店


 (関連商品のご紹介)

野口雨情



 トップページに戻る   銅像のリストに戻る

SEO [PR] カード比較  冷え対策 温泉宿 動画無料レンタルサーバー SEO