小笠原三九郎像 平成20年4月4日

小笠原三九郎 おがさわら・さんくろう

明治18年(1885年)4月5日〜昭和42年(1967年)12月13日

愛知県西尾市・西尾市立図書館でお会いしました。


小笠原三九郎翁寿像



小笠原三九郎翁寿像

(愛知県西尾市・西尾市立図書館)





(平成20年4月4日)

小笠原三九郎翁

明治18年市内花蔵寺町の農家に生まれる。
東京帝国大学卒業。
青年期より「所志在天下」を座右の銘として情心に鞭打ち精進した。
昭和7年衆議院議員に初当選、以来当選6回。
この間、商工大臣、農林大臣、通商産業大臣、経済審議庁長官、大蔵大臣を歴任。
常に国政の中枢にあって活躍した大政治家である。
昭和38年西尾市名誉市民に推挙。
西尾市郷土館は昭和42年小笠原三九郎翁顕彰記念館として建設され、翁の愛蔵書5千5百冊が収蔵されている。
昭和42年歿、享年82歳。

(碑文より)


昭和20年(1945年)〜昭和21年(1946年) 商工大臣 (幣原内閣)
昭和27年(1952年)                農林大臣 (第4次吉田内閣)
昭和27年(1952年)〜昭和28年(1953年) 経済産業大臣 (第4次吉田内閣)
昭和27年(1952年)〜昭和28年(1953年) 経済審議庁長官 (兼任)(第4次吉田内閣)
昭和28年(1953年)〜昭和29年(1954年) 大蔵大臣 (第5次吉田内閣)


 (関連商品のご紹介)



 トップページに戻る   銅像のリストに戻る

SEO [PR] カード比較  冷え対策 温泉宿 動画無料レンタルサーバー SEO