小野崎城 おのざきじょう


常陸太田市瑞竜町小野崎


小野崎城址の石碑文より

小野崎氏は中世の常陸国で佐竹氏の宿老や守護代の重職を勤めた名族である。
はじめ鎮守府将軍藤原秀郷の六世の孫・通延が常陸国太田郷に移住し太田大夫と称した。
その子の通成は佐都郡に移り孫の通盛のとき、小野崎の地に土着して小野崎氏を名乗り城を築いた。
通盛の子通長の時に佐竹氏に臣従し、代々主家を助け身命を授け打って多くの合戦に活躍した。
南北朝の動乱がはじまると小野崎一門は佐竹義篤に属して各地に転戦し、討死する者もあった。
佐竹氏はこの動乱に対処するため小野崎通胤を多珂庄に移した。
通胤は父祖の地を去り友部に築城して移住した。
その子通春は隣接の地・山尾に築城して移り小野崎惣領家は代々山尾に居住して山城守を称することになった。
小野崎城址は小野崎氏発祥の地であり通盛、通長、通政、通経、通房、為通、高通、常通、行通、通胤に至る十代約二百年間の血と汗の地である。
ここに小野崎氏の末裔が相はかり祖先の偉業をしのび、史跡を後世に伝えるために記念碑を建立するものである。


小野崎城

小野崎城址
瑞竜中学校構内

小野崎城跡の碑

記念の石碑
これしかないです。


Books

茨城の古城〜県央・県北の古城興亡史〜
関谷亀寿 著  筑波書林  平成2年発行  1600円

 トップページに戻る  お城のリストに戻る

SEO [PR] カード比較  冷え対策 温泉宿 動画無料レンタルサーバー SEO