レルヒ像

テオドール・エドラー・フォン・レルヒ

1869年8月31年〜1945年12月25日

新潟県上越市 金谷山の山頂でお会いしました。


1869年(明治2年)にウイーンに近いオーストリア=ハンガリー帝国のプレスブルグ(チェコスロバキアのブラチスラバ)で生まれました。
1910年(明治43年)11月、日露戦争後の日本に軍事視察団の一員として派遣され、翌年に高田の歩兵第58連隊に配属されました。
レルヒ少佐は、世界アルペンスキー術の創始者であるマチアス・ツダルスキーの高弟であつたので、軍事および国内事情視察を精力的にこなす一方、スキー術の伝授、普及にも尽くしました。
1912年(明治45年・大正元年)2月北海道の旭川に転任、9月に門司から乗船し日本を去りました。
1918年(大正7年)第一次大戦に参加、大戦の末期に少将になり恩給生活に入りました。
1922年(大正11年)53歳のときに二児を連れたイルマ夫人と結婚しました。
1945年(昭和20年)ウィーンで死去。77歳でした。
ちなみにイルマ夫人は1976年(昭和51年)1月16日に99歳で他界しています。


オーストリア・ハンガリー

オーストリアとハンガリーが合同している二重国家。
王宮や議会はウィーンにもブダペストにもありました。
この二つの国家は外交と国防だけは共同で、行政、立法、司法などは別々の機関によって統治されていました。

参考:豊田穣著「悲運の大使 野村吉三郎」

(平成15年12月23日記)


レルヒ少佐の名前について
テオドール(Theodor)=自分の名前
エドラー(Edler)=高貴の意味の洗礼名
フォン(Von)=貴族出の人
レルヒ(Lerch)=自分の姓

日本スキー発祥記念館内部

日本スキー発祥記念館」の館内でもお会いしました。

日本スキー発祥記念館

日本スキー発祥記念館
新潟県上越市の「金谷山」という山に建っています。
オースリア軍人のレルヒが日本陸軍にスキーを指導したのが日本のスキーの始まりです。
第13師団長の長岡外史は、スキーを軍隊だけのものにせず民間への普及を図りました。
休館日:月曜日・休日の翌日・年末年始
入館料:一般300円 小中高校生100円
(平成13年現在)

わが国スキーの父 人間レルヒ少佐
レルヒの会 昭和59年第2刷発行 
スキー発祥 思い出アルバム
レルヒの会/上越市立総合博物館 編  ベースボール・マガジン社 1990年第1版第2刷発行 
1,854円

レルヒ

 トップページに戻る   銅像のリストに戻る

SEO [PR] カード比較  冷え対策 温泉宿 動画無料レンタルサーバー SEO