陸軍兵器学校


工華鍾魂之碑



『工華鍾魂之碑』

(京都市東山区・霊山観音)




(平成16年4月2日)

碑文

明治5年7月開校
諸工伝習所
明治23年7月改称
陸軍砲兵工科学舎
明治29年4月改称
陸軍砲兵工科学校
大正9年8月改称
陸軍工科学校
昭和15年7月改称
陸軍兵器学校
昭和20年8月終戦閉校

平成4年4月5日(大安)旧ひな祭
工華会有志建之

工華鍾魂之碑建立の記

我等の母校は 兵器技術教育に関わる陸軍唯一の機関で 遠く明治5年に淵源し校名に変遷はあったが 隆昌の一途を辿った
終戦により74年の歴史を閉じたが 彼の学舎で過ごした夢多き多感の青春を懐かしむ想いが募り 工華会の結成となった
かつてのうら若き紅顔の武学生も 今や等しく還暦を越え 会勢は恰も西山に輝く残照を見る思いである
ここに遺族を含めた同志に浄財を仰ぎ 王城の地東山の霊山観音の聖地に 生死を超えた友情の絆の証「工華鍾魂之碑」を建立し
先立ちし諸霊を迎えまつり 我等また現世うつしよを辞するの日驥尾きびに付し その交わりの永劫に絶えないことを希うものである

平成4年4月5日

工華会長 中原 幸 撰文
遺族代表 勝見松江 筆

満開の桜の下



桜が満開でした。





(平成16年4月2日)

陸軍工科学校は火工、鞍工、銃工、鍛工、木工、機工、電工の7科。
改編後の陸軍兵器学校は火工、技工、鍛工、機工、電工の5科。


 トップページに戻る   陸海軍部隊のリストに戻る

SEO [PR] カード比較  冷え対策 温泉宿 動画無料レンタルサーバー SEO