陸軍特別操縦見習士官


陸軍特別操縦見習士官の碑



『陸軍特別操縦見習士官之碑』

(京都市・京都霊山護国神社)




(平成16年4月2日)

特操の碑(碑文)

第2次世界大戦が転機をむかえた昭和18年、日本の戦況は急に悪化し、存亡をかけた総力戦となる。
この年10月、二千五百余の若人は学業をなげうち陸軍特別操縦見習士官として祖国の危機に立ち上がった
2期、3期、4期と続く、ペンを操縦桿にかえた学鷲は懐疑思索を超え、肉親、友への愛情を断ち、ひたすら民族の栄光と世界の平和をめざして、死中に生を求めようとした
悪条件のもと夜を日についだ猛訓練を行ない、学鷲は遠く大陸、赤道をこえて雄飛し、あまたの戦友は空中戦に斃れ、また特攻の主力となって自爆、沖縄、本土の護りに殉じたのであった。
無名の栄誉は歴史に刻まれたが、愛惜と悲しみは尽きない。
平和は血と涙により築かれた。
われらは心から祖国を愛し、平和を願う。
ここに兄等の栄誉を讃え、その靈を慰むるとともに、特操の果たした役割を永く後世に伝えんとするものである。

昭和46年3月21日建之
特操会


特別操縦見習士官(略して特操)とは、大学、高専を卒業した予備役の将校操縦者のこと。
いわゆる「学鷲」と呼ばれ、海軍の飛行予備学生に相当する。
1期生(2,000名)は昭和18年10月に入隊したが、特に沖縄戦で下級将校として多数が特攻戦死している。

参考文献:渡辺洋二著・「双発戦闘機屠龍」

(平成17年2月15日記)


特操から特務機関へ

本田忠尚=昭和18年12月、学徒動員で陸軍特別操縦見習士官となり、のちに茨木機関員となる。
井上 進=本田忠尚と特操同期。馬来定(マライテイ)機関員となり、英軍上陸に備えてゲリラ活動の訓練を受ける。
       終戦後に歩兵第256連隊に配属となる。

(参考:中島みち著『日中戦争いまだ終わらず〜マレー「虐殺」の謎』・文藝春秋・1991年第1刷)

(平成21年1月19日追記)


 トップページに戻る   陸海軍部隊のリストに戻る

SEO [PR] カード比較  冷え対策 温泉宿 動画無料レンタルサーバー SEO