陸上勤務第124中隊


慰霊碑



比島派遣陸上勤務第124中隊
慰霊之碑

(愛知県幡豆郡幡豆町・三ヶ根山頂・比島観音霊場)




(平成20年4月16日)

碑文

太平洋戦争参加作戦
昭和16年10月3日台湾第4部隊入営
10月17日編成完結
12月8日宣戦布告
マニラ攻略戦
12月26日比島リンガエン湾上陸
昭和17年1月9日バターン攻略戦
4月12日コレヒドール要塞攻略戦
5月8日ルソン全島戡定作戦
昭和18年7月1日比島全島粛正討伐
昭和19年10月19日捷号作戦
昭和20年8月15日終戦

昭和47年4月吉日建之
戦友遺族


部隊略歴

昭和16年10月3日、台湾歩兵第2連隊補充隊にて編成。
人員は編成当初494名。
臨時配属者があるため、名簿上は452名。

中隊長 槙島 隆久 大尉
第1小隊長 秋道 邦太郎 少尉 人事係 山口 正義 准尉
第2小隊長 福田俊郎 中尉 人事係 森崎 丈夫 曹長
第3小隊長 山蔭 脩典 中尉 人事係 田中 禎次 軍曹

戦闘開始前、中隊主力は「マニラ」「カロカン」に位置し、警戒任務に服す。
第1小隊は兵器廠に配属。
第2小隊は「ロスバニオス」抑留所に勤務。
小川伍長以下20名は「マニラ」俘虜収容所本部に勤務。
中川伍長以下15名は野戦貨物廠に勤務。
三木伍長以下30名は鉄部隊に勤務。
中隊長以下45名は第14方面軍特別工作隊に勤務。

昭和20年1月18日
部隊長・槙島大尉は軍特別工作隊勤務のため、第3小隊長・山蔭中尉が中隊長代理として「バギオ」方面に転進。
兵站監部の指揮下に入り、兵站輸送業務に服し、「テノック」にて終戦となる。

昭和20年1月初旬
第2小隊は「ロスバニオス」抑留所の抑留者の開放に従い、「サンホセ」において第88兵站の指揮下に入り行動。
4RH(第4レストハウス)にて終戦を迎える。

当部隊は、中隊長以下分散し他部隊に配属、又は勤務し最後まで集結せず終戦を迎えた。



 トップページに戻る   陸海軍部隊リストに戻る

SEO [PR] カード比較  冷え対策 温泉宿 動画無料レンタルサーバー SEO