佐田一郎像 平成16年9月10日

佐田一郎 さた・いちろう

群馬県前橋市・前橋商工会議所会館でお会いしました。


佐田一郎先生之の像

佐田一郎先生之像

平成4年(1992年)9月
銘板謹書 米倉大謙
原型製作者 細野稔人
建立 佐田一郎先生銅像建設委員会

(平成16年9月10日)

碑文

佐田一郎先生報徳の記

佐田一郎先生は、明治35年(1902)勢多郡桂萱村(現在前橋市三俣町)に生まれ、私立高山社蚕業学校に学び養蚕教師となる。
教師時代、ダム建設現場を見学したことから建設業に大きな夢を抱き、父徳蔵の「佐田組」を助け昭和24年「佐田建設株式会社」を設立した。
また、若き日の先生は須永好のもとで、農民運動に身を挺し、多くの人望を集め、村議を務める等、情熱の人でもあった。
昭和40年、第11代前橋商工会議所会頭並びに群馬県商工会議所連合会会長に就任、以後四半世紀以上に亘り、地域商工業の振興発展に奔走、実業界の指導者として献身された。
また、参議院議員を務める外、多くの要職にあり終生現役として幅広い分野に活躍された。
「進む方向をしっかり見定め、自力相応に一歩一歩前進する者がながい目で見れば、結局勝利者となり得る。」
この言葉は先生の得意であった囲碁哲学から生まれた人生訓である。
ここに先生の偉大な精神と功績を讃え、前橋市制施行百年の記念すべき年にあたり、この銅像を建立する。

平成4年9月
前橋商工会議所
佐田一郎先生銅像建設委員会

前橋商工会議所会館



前橋商工会議所会館
(群馬県前橋市日吉町1−8−1)




(平成16年9月10日)


 トップページに戻る   銅像のリストに戻る

SEO [PR] カード比較  冷え対策 温泉宿 動画無料レンタルサーバー SEO