佐和山城 さわやまじょう

滋賀県彦根市古沢町


文禄4年(1595年)豊臣秀吉石田三成を佐和山城に封じた。
佐和山が濃尾方面と北陸方面に向かう街道の要所として、秀吉は三成以外にここに封ずべき適当な人物が見当たらなかったという。
三成が入城した頃は城番が置かれていたにすぎず、城も荒廃していたので、直ちに修築に着手した。
修築は短期間で行われ、本丸の天守以下、楼閣は琵琶湖の入り江に映えてその偉容を誇ったが、内部の作りは質素で、居間なども大抵は板張りであった。
これは、三成の合理的な一面を現しているといえる。
関ヶ原の役で落城し、井伊直政が入城。
やがて彦根城築城となり、佐和山城は廃城となる。

(参考:『日本城郭辞典』)


佐和山城遠景 平成18年4月10日

彦根城から見た佐和山城遠景

佐和山



佐和山(佐和山城跡)

(滋賀県彦根市)





(平成18年4月10日)

佐和山城趾

慶長5年(1600年)「天下分け目の戦い」といわれた関ヶ原合戦の豊臣方の総大将石田三成が、東国へのにらみをきかせた城趾で、佐和山城は標高232米、この頂上に五層の天守閣がそびえ、その偉容を誇っていたといわれる。
しかし関ヶ原の敗戦に次ぐ落城後は、建物・石垣などすべてつぶされ、あるいは運び去られて城趾はほとんどその面影をとどめず、わずかな地形からありし日の城の構えをしのぶことができるに過ぎない。

(『彦根東山観光・文化財案内』説明板より)


龍潭晩鐘


龍潭晩鐘

(滋賀県彦根市・龍潭寺)

佐和山城にあった陣鐘を当寺初代昊天和尚が彦根城主二代目井伊直孝公より拝領する。
(説明板より)


(平成18年4月10日)
龍潭寺



龍潭寺りょうたんじ
(滋賀県彦根市古沢町大洞)





(平成18年4月10日)

臨済宗妙心寺派
旧彦根藩主井伊家菩提寺

龍潭寺

当寺は古く天平5年(734)、行基菩薩により遠江国引佐郡井伊谷郷に開基。
元中2年(1385)、後醍醐天皇第3皇子宗良親王によって中興され、寺号を龍潭寺としました。
慶長5年(1600)井伊直政公が佐和山城主となられたのを機に、昊天禅師により佐和山山麓に移建開山した、井伊家と深いゆかりをもつ臨済宗妙心寺派の名刹です。
元和3年(1617)諸堂が完成した後は、近江随一の禅刹となり、近郊に十余りの末寺を有する巨刹となりました。
さらに全国有数の禅宗大学寮として発展し、特に「園頭料」は日本の造園専門学の発祥とされ、当寺で学んだ僧たちが全国の禅寺の庭園を手がけたことは広く知られています。
また元禄年間からは達磨さまにあやかる「だるま寺」として人々の信仰を集め、四季折々に美しい花の寺としても広く親しまれてまいりました。

(リーフレットより)


太鼓門櫓



彦根城・太鼓門櫓


佐和山城から移築されたものともいわれています。




(平成18年4月10日)

太鼓門櫓(重要文化財)

本丸の表口をかためる櫓門で、築城後、ここに太鼓をおいて城中に合図をしたところから、この名が付いた。
この櫓は、その昔、彦根山にあった彦根寺の桜門ではないかといわれ、門の両柱にある釘跡は、当時、巡礼が札をかけた釘穴跡だともいわれた。
しかし、昭和32年(1957年)の解体修理によって、この釘跡は移築前の建造物の痕跡であることが明らかになった。
現在、この建物の内部に全国各地の城の写真を展示している。

(彦根城の説明板より)


 トップページに戻る   お城のリストに戻る

SEO [PR] カード比較  冷え対策 温泉宿 動画無料レンタルサーバー SEO