戦艦 霧島 きりしま


戦艦霧島慰霊碑



慰霊碑 戦艦霧島
(長崎県佐世保市・佐世保東山海軍墓地





(平成20年11月23日)

碑文

巡洋戦艦霧島は明治42年3月17日長崎三菱造船所に於て起工
大正4年4月19日進水
第一次第二次の大改装を経て沈没時その主なる要目次の如し
全長219.61米常備状態に於ける屯数36601屯最大速力30.5ノット航続距離18ノットにて1万浬乗員1430名兵装主砲36糎砲8門副砲15糎砲14門その他高角砲機銃及水偵3機搭載す
昭和5年10月26日神戸沖特別大演習観艦式には御召艦の光栄に浴し大東亜戦争中旗艦比叡と共に作戦に従へり
(艦長山口次平大佐後少将)
昭和17年11月12日ガダルカナル飛行場砲撃の為ルンガ沖に突入せり
此の時比叡は敵の集中砲火を受け舵機故障航行不能となりたる処更に米軍機の雷爆撃を受け13日1305サボ島沖に自沈す
明けて14日第2艦隊に合同の命を受け霧島は長官近藤信竹中将の指揮下に入り旗艦愛宕を先頭に高雄長良川内他駆逐艦6隻と共に再度ガダルカナル飛行場砲撃を企図し突入せんとしたるもその南西方向を西航する米戦艦ワシントン及サウスダコダの2隻を発見之と交戦初弾よくサウスダコダをして戦列を離脱せしむるの損害を與え之を撃破するも霧島も又ワシントンの16吋砲弾6発5吋砲弾40発の集中砲火を受け舵機故障大破航行不能に陥り艦長岩渕三次大佐(後中将マニラにて散華)は総員退去を命じキングストン弁を開いてサボ島の265度11浬の地点に自らその栄光の生涯を閉ず
時に昭和17年11月15日0130噫
茲に艦と共に散華せる英霊を顕彰してその勲を永久に欽仰するものなり

昭和55年11月14日
霧島乗組生存者一同
有志一同

施工 香川県仁尾町 (株)木下石材

戦艦霧島戦没者慰霊碑

金剛」型巡洋戦艦として大正4年4月19日三菱長崎造船所において竣工
大改装のうえ昭和6年から戦艦に類別
昭和11年6月佐世保工廠で最後の大改装を実施
竣工の日付をもって佐世保を本籍と定められた

大東亜戦争においては、ハワイ作戦、インド洋作戦、ミッドウェー作戦、ソロモン海戦等に参加。
昭和17年11月12日以降15日までのソロモン海域で展開された海戦を第3次ソロモン海戦と呼称するが、これはガダルカナル島への我が船団による緊急輸送と、それを支援する我が水上艦艇の行動を阻止しようとする米艦隊との闘いである。
11月12日夜、戦艦2隻(比叡、霧島)を主力とする我がガ島飛行場砲撃部隊はルンガ沖に達したのち、米艦隊と遭遇。
敵巡洋艦2隻、駆逐艦4隻を撃沈したものの、我もまた戦艦「比叡」及び駆逐艦2隻を失った。
ついで、11月13日、我が重巡4隻を基幹とするガ島飛行場制圧部隊はショートランドを出撃し、深夜ガ島砲撃に成功。
しかし、翌14日早朝、米機の攻撃を受け、重巡「衣笠」が沈没。
この戦闘で我が方は輸送船団に大被害を受けたが、それでも残余の船をもってガ島輸送を強行。
その支援としてガ島砲撃部隊(戦艦霧島、重巡2隻基幹)が14日早朝から南下を始めた。
サボ島を回った午後8時52分、我が軍は米艦隊のレーダーに察知され、我もまた敵を午後9時12分に視認した。
我が兵力は戦艦1、重巡2、軽巡2、駆逐艦9、合計14隻。
米艦隊の兵力は戦艦2、駆逐艦4、合計6隻であるが、米戦艦は40センチ砲9門を持つ最新型(ワシントン型)であった。
我が攻撃により米駆逐艦3隻を沈め、また戦艦サウスダコダを大破せしめたが、残念ながら我が霧島の撃った弾は飛行場制圧の為の三式弾であった。
これが徹甲弾であったなら霧島の36センチ砲弾43発を蒙ったサウスダコダは沈没していたと思われる。
霧島は遂に米戦艦ワシントンのレーダー射撃により40センチ砲弾6発以上の命中弾を受け、3番、4番砲塔水圧機が停止。
舵機も故障して航行不能、舵機室に満水し、舵は面舵10度のまま動かない。
火災を抑えるため弾火薬庫に注水。
あらゆる救難手段を講じたが功なく、艦の傾斜は大となり、右に横転し、やがて海中にその姿を没した。
時に昭和17年11月15日午前1時25分。
場所はサボ島の西11浬。
艦と運命を共にした将兵は212名。
碑は昭和55年11月15日に建立された。

(参考:社団法人 佐世保東山海軍墓地保存会発行 『佐世保東山海軍墓地 墓碑誌』 平成20年第3刷)


霧島

「金剛」型の4番艦として民間の三菱長崎造船所に発注された巡洋戦艦。
三菱長崎では初めての大艦に備えて、船台の延長やガントリークレーンの整備など設備の拡充に加えて、建造に携わる幹部技術者を英ヴィッカース社に派遣するなどしている。
第1次、第2次の近代化改装は「金剛」「榛名」に準じた内容。
改装工事が終わった昭和11年(1936年)6月には高速戦艦として生まれ変わる。
太平洋戦争開戦時は空母機動部隊の一艦としてハワイ作戦に参加。
インド洋作戦を経て、ミッドウェー作戦では「榛名」と共に空母部隊の直衛任務に就いた。
空母中心の第3艦隊編成後は、同艦隊第11戦隊に編入。
昭和17年8月、米軍のガダルカナル島上陸以降は戦場をソロモン方面に移し、第2次ソロモン海戦、南太平洋海戦の両海戦では前衛部隊として参加。
11月13日〜15日の第3次ソロモン海戦の第一夜戦では、敵の攻撃が探照灯を照射した「比叡」に集中する間に米巡洋艦戦隊に壊滅に近い打撃を与えている。
「比叡」なきあとの15日の第二夜戦では、「ワシントン」」「サウスダコタ」の2隻の米戦艦と砲撃戦を展開。
50発以上の命中弾を受けて航行不能になり自沈した。

【要目】(昭和11年時)
公試排水量:3万6668トン
機関出力:13万6000馬力
速力:29.8ノット
航続力:18ノットで9850海里
乗員数:1440名
兵装:35.6cm連装砲×4
    15.2cm単装砲×14
    12.7cm連装高角砲×4
    25mm連装機銃×10
飛行機:射出機×1、水上偵察機×3

(参考:『歴史群像2006年2月号別冊付録 帝国海軍艦艇ガイド』)


サボ島




戦艦「霧島」沈没地点

遠くに見えるのが、ガダルカナル島



(平成22年11月19日)



 トップページに戻る   陸海軍部隊リストに戻る

SEO [PR] カード比較  冷え対策 温泉宿 動画無料レンタルサーバー SEO