戦争裁判 殉国烈士之碑

(山口県護国神社)


戦争裁判殉国烈士之碑



戦争裁判 殉国烈士之碑

山口県護国神社境内に建立されています。



(平成15年7月27日)

戦争裁判殉国烈士之碑由来記

昭和16年12月に起った大東亜戦争は、日本が民族の興亡とアジア諸民族の独立自存の戦いでありましたが、激闘3年有余のすえ、昭和20年8月ついに無条件降伏の止むなきに至りました。
この結果、連合国は戦争の責任を問うという名のもとに、戦争史上にかつて例を見ない軍事裁判を強行しました。
このため多くの人々が無実、または誤認のまま罪なき罪を負わされて、家郷を遥かな異国の地で、祖国日本の再建を信じ、愛する肉親の幸せを念じながら刑場の露と消えられました。
まことに痛ましい限りで、実に今次戦争のなかでも類例のない犠牲者であります。
この碑は、こうした殉国烈士のうち、本県出身三十三柱の御霊の永遠とわに鎮まりますことをお祈りするとともに、その遺徳を顕彰して永く後世に伝えるため、山口県世話人会が中心となって、昭和32年11月10日、広く県民各位の暖かいご協力と、浄財をもって建立されたものであります。

昭和50年11月10日

山口戦争裁判殉国烈士之碑奉賛会

(説明板より)


碑文

わが日本が自存自衛の為興亡を賭して断固敢行した大東亜戦争は利あらずして遂に敗れた。
その結果戦勝國はいわゆる戦争裁判を強行し敗戦國家の責任を多く個人に帰した。
しかも無実あるいは誤認あるをも顧みざる一方的裁判により死刑に処せられまた自決獄死した山口縣関係者はここに誌す三十三烈士に及ぶ。
征戦幾春秋萬死に一生を得て終戦を迎えたるも突如戦争犯罪人の名のもとに囚われ従容死についた諸烈士の哀情を憶う時眞に断腸の念にたえず実に戦争最高の犠牲というべきである。
これら烈士の遺芳を顕彰して永く後世に伝うるはわれわれの責務であり祖國再建に寄与するゆえんである。
ここにおいて一同相図り広く縣下並びに在京有志に訴え縣及び関係市町村自衛隊等の協力を得てこれら烈士の碑をこの聖地に建立した。
碑石は材を仁保経塚山の頂きに求め題字は縣出身の元法相岩田宇造翁の揮毫にかかる。
もって芳名遺烈を千載に伝うるの資たらしめんとする。

昭和32年11月

山口縣世話人會
山口縣郷友會
山口縣憲友會
法務関係者一同


碑文には33名の殉国烈士のお名前が刻まれていますが、名前だけしか刻まれていないので、私の勝手で、少し得られた情報も付記して一覧表として下記に載せます。

青井眞光 詳細不明 津穐孝彦 絞首刑
井川忠雄 絞首刑 富田堯人 詳細不明
石川正一 拘禁中病死 中村秀一 絞首刑
岩田光儀 絞首刑 長安 守 絞首刑
岩政文久 詳細不明 原田國市 絞首刑
岩政眞澄 拘禁中自決 廣谷義雄 詳細不明
岩本三枝 拘禁中事故死 藤井 豊 拘禁中自決
宇内文治 絞首刑 舛田仁助 拘禁中自決
越智義光 銃殺刑 松岡洋介 拘禁中病死
兼石 績 詳細不明 向井敏明 銃殺刑
川村伍郎 詳細不明 村上正吾 銃殺刑
久保江保治 詳細不明 村上誠毅 絞首刑
河野 毅 詳細不明 森本 勇 絞首刑
島崎繁一 絞首刑 山岡 繁 絞首刑
多田初治 銃殺刑 山本正一 絞首刑
田中秀雄 絞首刑 吉岡 信 銃殺刑
田中政雄 詳細不明

 トップページに戻る   陸海軍部隊リストに戻る

SEO [PR] カード比較  冷え対策 温泉宿 動画無料レンタルサーバー SEO