震洋特別攻撃隊


【震洋】

特攻艇「震洋」は、魚雷艇の6分の1の大きさで、1.3トン、乗組員も魚雷艇の7人に対し、1人ですむ。
その前部に300キロの高性能爆薬を収めて体当たりする。
当初は、爆発の効果について疑問視されたが、テストの結果、浅い海面で炸裂すれば商船の水線下に、3メートルの破口を生じることが判った。

軍令部要求の爆薬300キロは無理なので、爆薬は250キロに減らされた。
艇はなるべく手軽に安価にというので、外板はベニヤ板、骨組みも木製で、艇の底は波に強いV字形にされた。
艇の長さは6メートル、幅1.6メートルで、エンジンは中央、操縦席は最後部にあった。
速度は23ノット出た。
18ノットで125浬(人間魚雷「回天」の3倍の航続距離)の航続力があった。
後部座席の左右に、ひもを引いて発射するロケット式散弾(ロサ弾)が1発ずつ設けられた。
これは、突入前に敵の機銃員を倒すためである。

艦政本部は、1.5トン積みのトラックのエンジンに目を付け、これが成功の因となった。
海軍に割り当てのトラックの3割を「震洋」のエンジンにまわした。
「震洋」はテストの結果、欠陥のあった艇首を改良し量産に入った。
昭和17年7月には75隻が完成、以後、500隻が月産され、終戦までに6200隻に達した。

大村湾にその訓練所が設立され、予科練を中心に乗員が集合。
50隻で1個の隊を編成し、基地隊員を含め人員は180名である。

「震洋」は小笠原諸島や海南島へ送られた。
初出撃は昭和20年2月のフィリピン・コレヒドール島防衛戦である。
本土決戦には、「震洋」と「海龍」のコンビで突撃隊を編成し、四国の沿岸防備用にも配置された。
その数は、小笠原や中国地方のものを含め、3730隻に達した。
基地には、高さ2.5メートル、幅3メートルほどのトンネルが掘られ、4隻ずつ収容された。
海面に降ろすには、トロッコや、リヤカー方式がとられた。

また、機銃員と13ミリ機銃を付けた「震洋」5型も作られた。
エンジンを2基搭載したので、重量は2.1トンに達した。
5型は25隻で1個戦隊を編成し、終戦時には46隊があったが、実戦には出ていない。
更に、ロケットを動力とする高速「震洋」も試作されたが、実用化されなかった。

(参考:木俣滋郎 著 『幻の秘密兵器』 光人社NF文庫 1998年8月発行)

(平成31年4月21日 追記)


第45震洋隊

通称は、村山部隊、総員188名、震洋1型が50隻配備されたと言われている。

済州島には第45震洋隊、第119震洋隊、第120震洋隊が駐屯。
総指揮官は浜田少佐だったと言われている。
昭和20年4月6日、輸送船「城山丸」で佐世保を出港。
第45震洋隊は4月8日に城山浦に上陸。
士官は民家を宿舎として借り上げ、兵士は急造の兵舎5〜6棟を利用した。
終戦後、第45震洋隊(村山部隊)と第119震洋隊(田中部隊)は西帰浦に集結し、船で鎮海を経由して帰国した。

第45震洋隊基地跡(済州島・城山日出峰)

(平成24年5月26日)

第120震洋隊

通称は小野部隊、総員191名、震洋5型が26隻配備されていたといわれている。

済州島には第45震洋隊、第119震洋隊、第120震洋隊が駐屯。
総指揮官は浜田少佐だったと言われている。
昭和20年4月6日、輸送船「城山丸」で佐世保を出港。
第120震洋隊は、4月9日に翰林面に上陸。
4月29日から高山里小学校を宿舎として使用し、6月からは基地隊舎を使用する。
終戦後、地域住民の漁船と契約して昭和20年9月から3回に大部分が帰国した。

大韓民国(韓国)済州島・「高山里水月峰(コサンリ・スウォルボン)」

震洋の秘匿壕跡

 済州島
「高山里水月峰(コサンリ・スウォルボン)」

(平成24年5月25日)

謎の施設跡
 済州島・「高山里水月峰」の近くの海岸

(平成24年5月25日)

現地の説明板


Japanese Military Tunnel
Here and there in jeju-do, there are scattered
gigantic military facilities the Japanese army built.
Suweolbong is a site where the japanese army
stored boats for suicide attack and bullets to attack
the US warship in the event of their entry into
Gosan area.
説明板(英文部分)


第138震洋隊
特攻ボート格納トンネル 特攻ボート格納トンネル

特攻ボートの格納トンネル
(茨城県北茨城市平潟町・平潟港)
第138震洋隊錬成基地跡



第138震洋隊錬成基地跡
(茨城県北茨城市平潟町・平潟港)





(平成18年11月10日)

昭和20年6月10日、本土決戦に備えて第138震洋隊を設営。
隊員は45名。
全員が予科練(土浦)第14期修了者だったという。
基地は福島県いわき市小名浜。
小名浜から訓練のため平潟に回航され、この地で訓練を行った。
実際に出撃したことはなく、昭和20年9月20日に解散。


 (関連商品のご紹介)




 トップページに戻る   陸海軍部隊リストに戻る