巣鴨プリズン

東京都豊島区東池袋・東池袋中央公園


慰霊碑 平成16年12月22日

『永久平和を願って』の碑

碑文

第二次世界大戦後、東京市谷において極東国際軍事裁判所が課した刑及び他の連合国戦争犯罪法廷が課した一部の刑が、この地で執行された。
戦争による悲劇を再びくりかえさないため、この地を前述の遺跡とし、この碑を建立する。

昭和55年6月

東池袋中央公園



東池袋中央公園
(東京都豊島区東池袋・サンシャイン60の隣り)




(平成16年12月22日)

この碑が建っている場所は、かつて巣鴨プリズンの処刑台跡地です。
ここでA級戦犯7名、BC級戦犯53名が絞首刑になり、他にBC級戦犯1名が銃殺刑に処せられました。
昭和39年、処刑台跡地を保存することが閣議で決定され、昭和54年、この記念碑建立の案件が豊島区議会で最終段階を迎えたとき、賛否両論が新聞紙上を賑わしました。
また、「戦犯記念碑建設に反対する連絡会」という組織が、各方面で反対運動を展開しました。
このためか、当初、石碑の文字は『戦争裁判の遺跡』としていたものが、『永久平和を願って』という抽象的な表現に変えられたといわれています。
しかし、この碑の建立後、11名の区民が碑の設置が違法であることの確認と、維持・監理費の支出差し止めを求めて、区長を相手取って訴訟を起こしています。

参考文献:上坂冬子著『巣鴨プリズン13号鉄扉〜BC級戦犯とその遺族〜』


【処刑の手順】

処刑の手順は最初、巣鴨の処刑第1号、由利敬中尉が1946年4月26日に処刑された直後に、第8軍憲兵司令部のボブ・ゲーツ中佐が決めた。
第8軍の「公式」処刑人、チャールズ・レックスロード中尉が、ゲーツの行なった仕事を拡大し、プリズンにおける処刑のための標準作業手続きを文書にまとめた。
この秘密文書は一人だけの処刑手順を書いたものであり、やがて複数人数処刑でも大丈夫なように、変更が加えられた。
さらに何回か修正され、1948年4月にA級戦犯処刑用の特別作業手続きが出来たのだった。

多人数処刑の手続きによれば、まず23時30分、第8軍命令で任命された公式立会人全員が、巣鴨プリズンの指揮官室に集合する。
その後、第8軍憲兵司令官または第8軍の指揮官から死刑執行官に指名された将校の命令によって、絞首台へ移動する準備をする。
8番ゲートを通って絞首台へと向かう。
そしてXデーの零時1分、作戦将校がブルー・プリズン(A級戦犯の監房)に行き、仏教僧侶のためにブルー・プリズン内の仏間の戸を開けて、すべてが動き出す。
零時25分、最後の宗教儀式を終えた後、死刑囚の腕と足首に革紐がかけられ、絞首台まで歩きだしてから、すべての遺体が確認され、公式立会人が必要な証明書類にサインする、までの6つの作業手順に分けられていた。

(参考:ジョン・C・ルース著、山田寛 訳 『スガモ 尋問調書』 読売新聞社 1995年8月 第1刷)

(平成30年12月30日 追記)


【A級戦犯の処刑】

A級戦犯処刑の際、標準作業手続きに二つの変更が加えられた。
処刑官たちは、午後11時に東京駅に集合し、そこで説明を受けた後、大型トラックの荷台に乗り込んだ。
エリス・コッカー中尉の指揮の下、トラックは東京駅を出発、およそ11時30分ごろ巣鴨の、門をくぐった。
二つ目の変更は、処刑実施時刻である。
零時25分ではなく、午前零時過ぎで、できる限り早く、ということになった。

1948年12月23日午前零時をわずかに過ぎた時、処刑場の扉が開かれた。
土肥原賢二、松井石根、東条英機、武藤章の順に入ってきた。
鷹さ2.4メートルの絞首台の上に、ビル・マドックス曹長と7人の米兵が立ち、囚人たちを見下ろしていた。
デービス大佐が死刑囚に向かい刑執行命令書を改めて読み上げ、最後に何か言うことはないかと尋ねた。
4人とも何もないと断った。
監視の憲兵は、囚人が絞首台に設けられた二つの階段を上るまで付き添った。
列の初めの二人、土肥原と松井が処刑場の扉から遠い方の階段、東条と武藤は近い方の階段を上った。
階段を上がり切った所で、憲兵は処刑官4人、助手4人に囚人たちを引き渡した。
東条は右の方、第二番の踏み板の所へ行き、武藤はマドックスのいる方、第一番の踏み板に向かった。

マドックスは、動作で武藤に踏み板の中央に描かれた黒い足型の上に立つよう指示した。
武藤がその位置に来ると同時に、マドックスは目隠しの黒いフードを頭から被せ、それから囚人の足首の回りの紐を締めた。
助手は武藤の首にロープの輪をかけた。
囚人の両手は、身体の前で拘束され、手錠は腰のピストル・ベルトに革紐でつながれていた。
マドックスは助手が囚人の頭上15センチのところにあるロープの小さな握り手をつかんでいるか、確認した。
踏み板がはねた時、必要なら囚人の身体が開口部の中央に落ちるように調節するのが助手の仕事だった。
武藤の体が前方に落下して頭や肩を開口部の前側に打ち付けないように注意しなければならない。
そうなったら首の骨が折れて直ぐに死ぬのではなく、首を絞められてゆっくり死ぬことになってしまうのである。

マドックスは体を回転し、立会人やデービス大佐と向き合った。
デービス大佐の命令で、主任処刑官レックスロードが合図すると、大音響が轟き、4つの踏み板がはね開いた。

10分後、4人の医師が進み出た。
処刑官と看守兵が絞首台から降りてきて、ぶら下がっている肉体のそれぞれの脇に脚立を置いた。
肉体の一つ一つについて、医者たちは「この人間が死んだことを宣する」と宣言した。
それを聞くと、助手たちはロープを緩め、処刑官と二人一組の看守兵たちが、遺体を棺まで運んだ。
ロープ、フード、靴は遺体からはずされ、その後で各遺体の手から指紋が採取された。
遺体には白布がかけられ、出口を通って建物の反対側に運ばれ、引き続き監視された。
マドックスと助手は、次の囚人のため別のロープを用意した。
もう次の3人のグループ(板垣征四郎、木村兵太郎、広田弘毅)が絞首台へと向かってきていた。

(参考:ジョン・C・ルース著、山田寛 訳 『スガモ 尋問調書』 読売新聞社 1995年8月 第1刷)

(平成30年12月30日 追記)


戦犯の遺骨

戦犯の遺体は横浜市郊外の久保山火葬場で秘密裡に焼かれた。
深夜から明け方にかけて巣鴨プリズンの裏門を通って運び出され、幌つきのトラックには「米兵遺体」の名目の柩のかたわらに、アメリカ兵が終始付き添っていたという。
火葬の後で遺骨は全てアメリカ兵が持ち帰った。
戦犯の遺骨はマッカーサー元帥の秘密文書(1948年8月13日付)によって、遺族に渡してはならぬとされていたからである。
日本側では処刑寸前に戦犯の爪と頭髪を切り取って保管し、遺族たちにこれを届けている。
やがて火葬場の職員たちは、アメリカ兵が遺骨を持ち帰ったあとの遺灰を1ヶ所に集め、その上に素朴な慰霊塔を建てた。
慰霊塔の下の遺灰は、講和条約発効とともに引揚援護庁復員局の指示によって取り出され、公平に60等分されて東條英機大将をはじめとする7人のA級戦犯と、53人のBC級戦犯の遺族のもとに届けられた。
全処刑者の遺灰が混合状態であるが他に方法がなかった。

(参考:上坂冬子著『貝になった男〜直江津捕虜収容所事件〜』)

(平成21年2月22日追記)


【日本人看守の採用】

1950年6月24日現在、米軍士官25人、下士官兵456人が巣鴨勤務に任じられていたが、巣鴨の看守の需要は、1950年1月にピークに達していた。
極東にある他の連合国の収容所から囚人が移送されて、巣鴨の収容者が2172人にまで達したからである。
そのちょうど1年後には、朝鮮半島での動乱に人員をとられて、巣鴨は士官12人、准尉1人、下士官兵166人に減少している。
1950年7月6日、第8軍司令部は極東軍司令部に書簡を送り、巣鴨プリズン内の兵員不足を補うため、日本人看守を使用するよう提案した。
この計画はすぐに承認され、9月までに、朝鮮に送られた米兵の代わりとして、243人の日本人が雇われた。

(参考:ジョン・C・ルース著、山田寛 訳 『スガモ 尋問調書』 読売新聞社 1995年8月 第1刷)

(平成30年12月30日 追記)


【日本の管理に移行】

1951年9月8日、サンフランシスコで対日講和条約が調印された。
この条約の「政治及び経済条項」により、巣鴨は日本の管理へと移行されることになった。

1952年3月13日、日米双方の当局者は、巣鴨返還のための現地特別査察を実施した。
在日兵站司令部副査察官のレイモンド・バンカー大佐、日本法務省当局者5人などが査察に参加した。
バンカーの書いた報告書によると、同日現在の囚人は1108人、米軍士官11人、下士官兵123人、日本人看守は243人だった。
バンカーと法務省高官がサインした最終査察報告書で、6年以上に及んだ「米軍の巣鴨プリズン」は終わった。

(参考:ジョン・C・ルース著、山田寛 訳 『スガモ 尋問調書』 読売新聞社 1995年8月 第1刷)

(平成30年12月30日 追記)


巣鴨戦犯刑務所の閉鎖

最後の戦犯45名が出獄し、巣鴨の受刑者がゼロとなったのは、昭和33年5月30日。
法務年鑑によれば、その後の外地からの引き揚げ戦犯者を見越してのことか、そのまま4年間据え置かれ、戦犯刑務所として完全に閉鎖されたのは昭和37年3月29日になっている。

(参考:上坂冬子著『生体解剖〜九州大学医学部事件〜』)

(平成20年7月20日追記)




 トップページに戻る   陸海軍部隊リストに戻る

SEO [PR] 爆速!無料ブログ 無料ホームページ開設 無料ライブ放送