13.ほら、急げ!

(マニラ空港〜成田空港)


平成21年(2009年)10月26日 (第4日目)

マニラ空港に無事到着!
さて・・・荷物を受け取らねば・・・
市長が「俺が何とかしてやる」と言っていたはずだが・・・市長はどこにいるのだろう?
ターミナルの中を移動していたら・・・・前のほうに市長が歩いていているのを発見。
市長に近づいて挨拶したら・・・
市長がこう言った・・・・「お〜い!スズキ!走れ!」(笑)
はぁ?
走ったって・・・荷物を受け取らねば・・・・どうせ荷物はすぐには出てこないんだし・・・・
しかし、市長は・・・「走れ〜!」と言う。(笑)
で・・・市長はそのまま手を振りながらまっすぐ行ってしまった。
あれ?
たしか、市長は、「俺が何とかしてやる」って言ってたよな?
何とかしてやる・・・って、航空会社と交渉するんじゃなくて、私に「走れ〜」と声援を送ることだったのか?

それにしても・・・市長は荷物を受け取らないのか?
「あれ?なんで市長はまっすぐ行っちゃったんだろう?荷物がないのか?」
「さぁ〜?何ででしょう?」とジャスティン君
「ニューヨークに行くって言ってたよね?荷物なしでニューヨークに行くの?」
「確かにニューヨークに行くって言ってましたけど・・・・不思議ですね?」
「荷物が出てくるのは、ここだよね?コンベアーが動いてるし・・・」
「そうじゃないかと思うけど・・・」
「何も表示されていなんだけど・・・・ここだよな?」
「じゃぁ、僕が聞いてきてみます」
「おお、悪いねぇ〜俺、英語が話せないからさ〜。頼むね」
というわけで・・・・ジャスティン君が職員に聞きに行ってくれたのだが・・・・
まてよ、彼との会話はすべて英語なのである。
ここまで英語でおしゃべりしておいて「俺は英語が話せないから頼むよ」というのはおかしな言い方をしてしまったと気がついた。(笑)
間抜けである・・・・・

ようやく荷物が出てきた。
ここを出る時には、荷物のタグと、搭乗券に貼られたタグの控えとをチェックされる。
で・・・私のタグには「荷物が2個」と印字されている。
ジャスティン君のタグにも「荷物が2個」・・・・
これ・・・どういうこと?
スリガオ空港の職員は、どういうチェックインをしてくれちゃったのかなぁ〜
「これ・・・おかしいよね?」
「たしかに・・・そうですよね」
「出口でトラブルといけないから、2人で一緒に出よう」
「そうしましょう」
・・・・ということで、こちらとしては時間が気になって非常に焦っているのだが、空港を出るまで一緒に行動することにする。

空港の出口の窓ガラスの向こうでステラさんが手を振って飛び跳ねている。(笑)
急げと言っているらしいのだが・・・こちらは、一人で勝手に動けない。
2人一緒に出口でタグの確認をしてもらわねば・・・・
ようやく出口を出てジャスティン君と、お別れの挨拶を・・・・
「また機会があったら逢いましょう!」

ステラさんには「何やってるんですか!時間がないんですよ!早く!急いで!」と怒られる。(笑)
急いで空港タクシーに乗って国際線のターミナルへ・・・・
この送迎は、当初の旅費には含まれていないので、料金はあとで請求してくれと頼んだら、この送迎は会社がサービスで行うって言ってましたから大丈夫ですと言う。
いやぁ〜助かった。
で・・・もし、成田行きの便に乗り遅れたら、急いでマニラのホテルを手配してくれるように頼む。(笑)

国際線のターミナルでは、空港の送迎担当のサンデー君が深刻な顔をして待っていた。(笑)
「急いで!」
でも・・・ここまで来たら、もう大丈夫じゃないか?(笑)
チェックイン締め切りの時間ギリギリだったが・・・・
彼がいつものようにテキパキとチェックインの手続きをしてくれたので、あっという間に完了!
こういうのが現地旅行社を使うメリットである。
現地旅行社を使わず、格安航空券でフラリと来たならば・・・・こういうわけにはいくまい?

搭乗口の前まで来た・・・・
搭乗するまでには十分余裕がある。
で・・・まずは・・・一服・・・・(笑)
どんなに急いでいても・・・タバコは吸いたいのである。(笑)
喫煙所兼喫茶で、一服なのだが、何かを頼まねば・・・・
腹が減っているので、サンドイッチか?それともホットドックか?
店の女の子に「サンドイッチとホットドックのどちらがいいかな?」と尋ねたら・・・・・
「サンドイッチのほうがいいですよ。追加でチーズも挟みましょうか?」と言う。
「チーズ?」
「おいしいですよ〜」
「じゃぁ、チーズも挟んで・・・・で・・・いくら?」
金額を尋ねたら・・・とんでもなく高いのである!
「だって、チーズを挟めるんですから・・・」と彼女。
「じゃ、チーズ抜きは?」
これまた、高いのである!(笑)
最初から高いじゃねぇか!これ・・・(大笑)
「ダメ!やっぱりホットドックにする!」(笑)
彼女は・・・失敗したぁ〜やっぱり駄目だったかぁ〜という顔をした。(笑)

ホットドック フィリピンスタイルのホットドックなのだそうだ。

ちょうど店内は混んでいたので、フィリピン人の女性と相席になったのだが・・・・
いきなり「彼女に会いに来たんですか?」と日本語で尋ねられる。
日本人の男と見れば・・・・これだ・・・・
いつものことなので、大して驚かないが・・・・・
毎度のことながら不愉快である。
日本人の男が一人で・・・となると、フィリピン人の“彼女”に会いに来たんだろうと思われてしまうのである。
しかし、スリガオの慰霊祭の話をしても仕方がないので・・・・仕事で来たことにする。(笑)

成田行きに無事乗り換え、帰国・・・・・
台風の影響か・・・・かなり揺れがひどかった。
で・・・今晩は成田空港近くのホテルに1泊。
それにしても・・・・つい、さっきまでスリガオにいたんだよなぁ〜(笑)
なんとも不思議な気持ちである。

【平成21年(2009年)10月27日】

目が覚めて・・・・ふと・・・思った・・・・
スリガオの「ヘリテージ・センター」から古沢さんに渡してほしいと、お土産を預かってきていたのである。
このまま家に帰って、宅急便で送るのは面倒である。(笑)
どうせ東京にいるんだから、直接渡したほうがいい・・・・
というわけで、いきなり古沢さんにお電話をして上野まで出てきてもらい上野駅で待ち合わせることにした。
時間は、お昼少し前がいいだろうということにして電話を切る。
で・・・今・・・何時?
ん?ここは・・・どこ?
東京だと思い込んで待ち合わせ時間を決めたが・・・・
よ〜く考えてみたら・・・ここは・・・千葉県ではないか!
あれ?
スカイライナーで、上野まで1時間もかかる。
しまった!
急いでチェックアウトして、京成成田駅へ向かう。

それにしても・・・・腹が減るなぁ〜
おかしい・・・なんでだろう?
またまた、よ〜く考えてみたら・・・朝食を食べてない!
だめだ・・・完全に頭がボケている・・・・(笑)
疲れが抜けきっていないのか、それとも、今頃ドドッと疲れが出てきたのか・・・
いずれにせよ、朝食を食べていたら待ち合わせに間に合わなくなるので朝食は抜き!

上野駅で古沢さんとお会いして、駅の食堂で昼食を食べながら、今回の旅のご報告をする。
何だかんだと、いろいろあったが・・・・(笑)
とにかく、いい経験ができた。
彼女からのお声掛けがなかったら、こういう経験はできなかった。
感謝、感謝である。
この経験が、いつの日か、自分の生き方に影響を与えてくれるかも・・・と思うとワクワクする。

〜終わり〜


  


 トップページに戻る   旅日記に戻る

SEO [PR] カード比較  冷え対策 温泉宿 動画無料レンタルサーバー SEO