高島秋帆 たかしま・しゅうはん

寛政10年(1798年)〜慶応2年1月14日(1866年2月28日)


通称、四郎太夫。
長崎町年寄・出島台場受持として荻野流砲術を修め、のち西洋砲術を学び、高島流を創始する。
天保11年(1840年)アヘン戦争の情報が伝わると、上書を幕府に提出し、洋式砲術の採用を説いた。
幕命により、翌年武蔵国徳丸ヶ原とくまるがはらで洋式銃陣演練を披露し、洋式砲が採用された。
流儀は幕臣の下曾根金三郎・江川太郎左衛門英竜などに伝授され、高島流隆盛と洋式砲普及の基となった。
しかし秋帆自身は鳥居耀蔵ようぞうらに嫌疑をかけられ、翌年逮捕され、弘化3年(1846年)武蔵国岡部藩に預けられた。
嘉永6年(1853年)ペリー来航を迎えると江川の尽力で赦免され、安政2年(1855年)講武所教授方頭取、2年後には講武所砲術師範役に任じられた。


高島流和砲



高島流和砲

(長崎県長崎市・長崎グラバー園)





(平成19年3月26日)

高島流和砲

長崎に生まれた幕末の兵学者、砲術の高島流の祖である高島秋帆の指導により、鉄砲鍛治の野川清造が製造した大砲といわれています。

(株)野川鉄工所社長 野川雅生氏提供

長崎市

(説明板より)


【中追放】

鳥居耀蔵に陥れられた砲術家・高島秋帆は、入獄中に三度の失火(天保15年6月30日、弘化2年3月27日、弘化3年1月19日)に遭っている。
獄舎が火事になった時は、慣例に従って囚人は切放きりはなしになった。
切放後、3日間のうちに定めの場所(南町・北町奉行所のいずれか、または本所回向院)に来れば、定めにより囚人の刑を一等減じる事になっていた。
秋帆は、再び帰ったために罪一等を減ぜられ、中追放となっている。
中追放とは、武蔵、山城、摂津、和泉、大和、肥前、東海道筋、木曽路筋、下野、日光道中、甲斐、駿河には立ち入れないということである。
この判決を受けるまでに、秋帆は4年間辛抱したのである。

(参考:鶴見俊輔著 『評伝 高野長英 1804−50』 藤原書店 2007年発行)

(平成23年5月2日追記)




 トップページに戻る   人物と史跡のリストに戻る

SEO [PR] カード比較  冷え対策 温泉宿 動画無料レンタルサーバー SEO